A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

Amazonのアフィリエイトにおいて、効率良くSEO対策するために必要な3つの事。

ブログ記事本文

どうも、こんばんは。

今回は、Amazonのアフィリエイトにおいて、効率良くSEO対策するために必要な3つの事。ということで、書いていきたいと思います。

皆さんは、Amazonアフィリエイトというものをご存じでしょうか。

そもそもアフィリエイトって何?という方は、こちらの記事を読んでみてください。

→工事中なので、しばらくお待ちください。

さて、Amazonアソシエイトプログラムというものが存在しているんですが、これは自身のコンテンツの中でAmazonの商品広告を出し、その広告リンクがクリックされた後に24時間以内に商品の購入に至った場合、紹介料としてインセンティブを受け取ることができる、というものです。

この時、購入される商品はクリックされた商品でなくても良いというのが、このAmazonアフィリエイトの特徴の一つと言っても良いと思います。

今回は、そんなAmazonアフィリエイトにおいて、効率良くSEO対策をするために必要な事を3つほど紹介していこうかなと思います。

1.商品の画像をコンテンツ内に挿入すること。

TwitterやInstagramなどのSNSからコンテンツに集客する時はあまり関係ないんですが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから集客をしたいとなると、この画像の挿入は必須と言えると思います。

理由としては、検索エンジンには、それぞれweb検索と画像検索、動画などの検索タブがあり、画像を挿入しないコンテンツの場合、web検索でのみの集客になってしまい、検索の幅がそれだけで狭まってしまいます。

コンテンツに画像を挿入することで、そのコンテンツを画像検索からも集客ができるようになるので、これは是非やっておくべきです。

Amazonアソシエイトでは、画像リンクというものが作成できるので、そちらを挿入したい、と思うかもしれないですが、それはやめておきましょう。

Amazonアソシエイトから作成できる画像リンクは、HTMLの中に画像をwebリンクとして貼り付けているだけなので、画像検索では検出されないんです。

なので、画像は意地でも用意して、コンテンツにペタッと貼り付けておきましょう。

2.画像に代替テキストを挿入すること。

まぁ、画像は入れたし、これで大丈夫でしょうとお思いでしょう。

だいぶ甘いです。甘くて苦みが欲しくなってきます。

画像には、代替テキストと呼ばれるものが存在していて、これは元々視覚障害を患っている人に対して、音声でテキストを読み上げて、どんな画像なのかということをお知らせするためにありました。

代替テキストには、できるだけ詳しく、その画像についての情報を入れることが推奨されていて、それは検索エンジンの中でも重要な要素でもあるんです。

なので、画像を挿入したら、代替テキストは必ず入れておくようにしましょう。

3.コンテンツにおけるサムネイルの差別化をすること。

大体アフィリエイトというと、ブログの中でやるイメージですが、ブログ記事には個別にサムネイルを入れることができます。

ブログ記事のサムネイルをすべて固定にしているそこのあなた、要注意ですよ。

せっかく個別に設定できるんだから、素敵なサムネイルをどんどん作って、他の記事と差別化を図っていきましょう。

Amazonの商品を紹介するような記事であったら、商品画像をサムネイルに組みこんでみるとか、色々やり方はあると思います。

そこは、ご自身のセンスに委ねましょう。

サムネイルにも、もちろん先ほどお話した代替テキストを入れることができ、どんな記事のサムネイルなのか、ということが分かるようなことを書いておくことで、検索流入はもっと可能性を広げてくれるはずです。

まとめ

さて、今回はAmazonアフィリエイトにおける、効率的にSEO対策を行う際に必要なことを3つほどご紹介してきました。

画像の挿入と代替テキスト、サムネイルの差別化。

どれも、大事な要素ですので、しっかり押さえて、効率的にAmazonアフィリエイトを行っていきましょう。


ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,