A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

有り得ない理由で発表された待遇。久しぶりに暴言注意。

ブログ記事本文

どうも、こんにちは。

ちょっと愚痴を吐き出す感じになりますが、ご了承ください。

えっと、4月から一人の利用者の方が、仕事量が多く、仕事が終わらないという理由で9時から出勤ということになったんですが、説明された理由が、到底納得できるものではないので、ここで吐き出したいと思います。

まず、今の職場は、基本的に10時から3時までの4時間労働で、最大4時までの延長が可能ということなんですが、その延長をするには体調がしっかり整っていて、作業することに支障がないというのが条件なんです。

今日朝礼で話された理由というのは、会社に貢献してるとか、売り上げに貢献してるとか、そういう理由も話されたんですが、それはみんなそうじゃないの?と正直感じます。

仕事が終わらないというのが理由なら、自分だって仕事終わらないけど、必死になって時間内に終わるように調整しているんですが。

正直な話、時間内に仕事を終わらせるなんて当たり前のことだと思うし、それができないのであればもっと努力する必要があるんです。

まぁ、自分はまだまだ体調も整っていないし、4時まで延長するということはできていないわけなんですが、それにしてもこの理由というのは納得できません。

みんな頑張って働いているのに、売り上げに貢献してるから。。。というのは同じ場所で働いている私たちに対する侮辱だと思います。

私としては、その理由は建前であって、本当の理由は別にあると思っていて、まぁ個人的な話になるのでここでは話せませんが、まぁA型作業所の収入だけでは生活が厳しいから、もう少しお給料がないと。。ということだと思っています。

そんなのみんな一緒で、会社の制度の中で働いているんですから、それが気にいらないのであれば出ていけば良いだけですし、一般就労すれば済むだけの話です。

それができないからA型作業所にいるわけで、はっきり言って特別な待遇というのはあってはならないはずです。

自分は、作業量が多くても必死でやって、終わらないことに申し訳なさを感じているのに、その扱いはないんじゃないの?と感じます。

自分が仕事量に対して休憩時間を犠牲にしてでも作業しているのは知ってるはずなのに、そんなんだったらやってるこっちが馬鹿みたいじゃないの。

会社側も、よくそんなことを決めたなと思いますし、絶対反発はあるはずなのに、強引に決めたということは、えこ贔屓も良いところだと。

そんなにお気に入りなら、スタッフにしたら良いじゃない。

それなら、誰も文句言わないし、それはすごい、と思えるかもしれない。

同じ場所で働いている利用者を、本当に馬鹿にしてる。

ありえないわ、本当に。

だったら、もっとこっちは完璧を求めようと思うし、その利用者に対してさらに攻撃的になるかもしれない。

それを覚悟でいるのかは知りませんが、やはりこんな場所で働くこと自体が間違っているのか。

まぁ、自分としては自分の仕事を進めていって、絶対に売り上げをこの職場よりも上げてやる、という覚悟ができました。

ということで、愚痴でした。

気分を害された方、ごめんなさい。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,