A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日

ハローワークに失業保険と再就職手当について電話で、金額等について確認をさせていただきました。

どうも、Soranekoです。

今日はハローワークに電話して、失業保険と再就職手当についての手続きについて話を聞きました。

朝一で電話して、8月31日にハローワークに行って、手続きをスタートさせていくという事になりました。

流れとしては、8月31日に就職証明書というものをハローワークで貰って、それを9月1日の仕事初日に事業所に提出し、書類を書いてもらって、ハローワークに提出で手続きは完了という事らしいです。

恐らくハローワークに郵送するという話になると思いますし、ハローワークで郵送用の封筒を用意しますと言われました。

そして、その金額についてですが、少し状況を整理したいと思います。

私は6月15日に失業保険の申請をし、そこから待期期間の7日を経て2か月が経過した8月21日から失業保険を受け取ることが出来るみたいです。

31日までの10日間は失業保険の対象となります。

そして、私の場合は障害者という事もあり、所定給付日数が300日あり、そこから色々と日数を減算した結果、274日分という事になりました。

失業保険については10日分出るという事で、一応その手続きは31日にするんですが、問題は再就職手当の方。

再就職手当とは、求職者が早期に再就職を果たした際に、失業保険を受け取れる分の7割か6割を得られるという制度です。

条件は様々ありますが、まず給付日数の3分の1以上を残していることが最低条件になります。

早期に再就職を果たせば果たすほど、再就職手当の金額が多くなるという事で、国は早期の再就職を推奨しています。

要項としては、3分の2残した時点で再就職に至った場合は、所得日数の7割を。

3分の1を残した時点で再就職に至った場合は、所得日数の6割を支給するという事だそうです。

1日の支給額は雇用保険受給者資格証にて既に決定しているため、それを基に計算した、私の再就職手当の金額は、約38万5千円でした。

そこに失業保険の10日分の支給も加算されるので、約40万円弱を頂けるという計算になります。

失業保険を最大限貰った時の金額に比べると少し少ないですが、十分すぎる金額だと思いました。

自分としては、初回の認定日をパスすることなく、仕事に着手することが出来るので、それはとてもいいことなんですけど、不安なことが頭を過っているというか。

新しい職場が、まともな研修を行ってくれるのかものすごく不安な気持ちになっていて、一応作業経験者という事で次の作業所は入るんですが、そこがどんなふうになるか正直凄く不安です。

出来れば体験でも良いから2日ぐらいでも良いから、仕事の雰囲気をつかめれば良かったんですが。。。

とりあえず、今週木曜日に訪問看護の方に就職が決まったことを報告し、ドクターにも報告に行こうと思っています。

鞄も探さないといけないので、今週は少し行動的になって、土日のどちらかで鞄探しの旅に出かけたいなと思います。

仕事が近づくにつれて不安感が増してくると思いますが、そこはグッとこらえて、初日乗り切れば、もう何とかなると思っています。

自分から辞めるという事は、矢無負えない事情がない限りはもうしないと心に決めているので、次の会社を踏み台にして、自分のスキルを最大限開発していけるよう、努力していきたいと思います。

責任者の方が踏み台にしても良いと仰ってくださっているので、そこは遠慮なく、様々な試みに挑戦させてもらいたいなと。

自分はこれまで自己肯定感がとても低く、自分の仕事なんて本当に誰にでもできる仕事ばかりで、存在はなくても影響なんて全くないと思ってきました。

だけど、前の作業所でのことが頭を過ったり、色々と思うところはあります。

あのプロジェクトどうなったかな、とか。

大丈夫かな、とか。

自分勝手に辞めてしまった事を、皆怒っているんだろうなと。

自分のステップアップのために、これから辞めたことを後悔するのではなく、正解だったと思えるように、徹底的に仕事に打ち込んでみたいと思います。

マッチングアプリの件については、もう忘れなければいけないと思っているので、その件に触れることはもうないでしょう。

また何か嬉しい報告が出来れば、その時はブログに認めたいと思います。

ということで、今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

おやすみなさい。

-A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日
-, ,