A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日

マッチングアプリにてマッチングしLINEで連絡を取っていた女性から200万円貸してほしいと言われ断った結果。暴言注意。

どうも、Soranekoです。

今日の記事については、相当な暴言が予想されますので、事前に心構えを持って読んでください。

まず、昨日の夜、ブログを更新している時に兼ねてからLINEにて連絡を取っていた方から、やり取りを終わりにしたいという旨の話をされました。

まぁ、6月ぐらいからやり取りをしていた方なんですが、6月の終わりぐらいに一度お会いしたいという旨のお話をしていました。

その時は相手側の矢無負えない状況でキャンセルになったんですが、7月に入って、突然このような相談をされました。

「所得税の支払いに200万円必要になり、貸してほしい。」と。

勿論私はそこまでお金を持っているわけではないので、申し訳ないと、お断りをさせていただきました。

そして数日が経過し、今度は「3万円を貸してほしい。」というお話を頂きました。

200万円を貸してほしいという相談を受けてから日が浅かったので、もしかしたらこの人お金目的で近づいてきたんかな。。。という感情が芽生えました。

当然と言えば当然ですが、普通の神経をしていれば、面識のない相手に200万円という大金を貸してほしいと相談することはしないと、私は思っています。

その方曰く、誰にも相談できず、いつも優しい言葉をかけてくれていた私になら、相談しても大丈夫であろうという事でした。

まぁ、正直な話私はその方に好意を寄せていて、話も合うし、とても感じの良い方だったので、出来ればお会いして話をしてみたいと思っていました。

この200万円という金額についてなんですが、本人曰く所得税の支払いに必要なので、翌日返金するので貸してほしいという事をLINEにて相談されたんです。

普通の人ならこの時点で関係を切っていると思いますが、私はこの人に好意を寄せていたこともあり、お金は貸せないけれど、何かあったら相談には乗れるから申し訳ないと言いました。

そこから急激に相手の方の態度が変わり、LINEの返信がまともに出来ない、LINEが来たとしてもうちとのやり取りを終わらせたい、という内容ばかりでした。

自分の中で、何故そんなにもやり取りを終わらせたいのか分からず、昨日一度会って話が出来ないか、それか電話でも良いので、ちゃんと話をしたいという旨のLINEをうちました。

当然相手の方は拒絶されて、LINEでしか対応しないということで、相手の方としては、お金の相談をしてしまった事に対してものすごい罪悪感を感じていて、自分といると私が幸せになれないという事をLINEにて教えていただきました。

その件は既に私の中で消化されていて、お金の相談を受けたことは事実ではあるけれど、それが理由で関係を切るというのならとっくの昔に切ってると。

罪悪感に囚われる気持ちは理解できるけれど、その話はもう終わったことだったので、私としてはそんなことは正直どうでも良かったんです。

ところが、その方は私が幸せになれないという言葉の中に、自分も罪悪感で苦しんでいるという旨の言葉を使い、あたかも私が200万円を貸してくれなかったことを批判するかのような言葉を使われたんですね。

勝手に金銭の相談をしてきて、当然断られ、そして勝手にそのことに対する罪悪感で苦しみ、勝手にやり取りを終わらせようとしている。

この時点で、私の中では怒りの感情しか存在せず、相手に対してふざけるなと言いたかったんですが、そこは大人になり、それがあなたを苦しめているのであれば、もう私はあなたのことを諦めますと。

自分は何も悪くないのに、何故かうちのせいでこうなったみたいな終わり方になったわけです。

昨日の私のツイートがものすごく荒れていたので、驚かれた方もいらっしゃると思います。

昨日は、ブログを執筆中にそういったことが起こっていて、正直動悸と恐ろしいまでの悲しみが溢れてきていました。

ここまでが事の顛末。

そして、ここからが私の言いたいこと。

まず、200万円を赤の他人に貸してほしいと言えるメンタルがあるのなら、このような終わり方にはなっていません。

つまり、相手は200万円を貸してほしいと相談し、それを断られたので対応を変えたという事ですね。

所得税の支払いに200万円が必要だということなんですが、調べてみると手取りが1500万円あるということなんですよね、これは。

その方はフリーランスで活動をされていたのですが、それで200万円の所得税が払えないというのは、到底意味が分からない部分であり、正直これを考えると私に説明した罪悪感を感じているという部分は完全な嘘ではないか、という疑惑が浮上するんです。

所得税が200万円とか、どんな富裕層だよと思いながらもこの記事を書いているんですが、正直LINEの最後の返信は私です。

それ以降相手からLINEは届いていません。

LINEについてはブロックはされていないみたいなんですが、こちらからこれ以上やり取りをすることはないと思いますし、向こうからやり取りを終わらせたいと言うんだから、好きにしたらいいと思います。

私の考えが間違っていました。

こんな簡単なことを調べようともせず、真面目で誠実な人だと思っていたなんて。

自分の性格上、金銭の相談をして断られているという時点で罪悪感から逃れられないと。

金銭を要求する以前のやり取りには戻れないという事をLINEで示され、という事は金を出してくれない人間とはこれ以上やり取りをしないという事ですよね。

正直、自分が好意を持っていた方をこんな言い方したくないですが、普通にただの業者ですよ、こんなの。

やり口がとても巧妙な業者。

今の気持ちとしては、本気でくたばって欲しいし、皆さん、身の回りでこういうことがあったら、そういった方とは確実に縁を切られることを私は推奨したいと思います。

これまでのやり取りの時間、私が相手に抱いていた気持ちを返してほしい。

私は、本当に相手の体調や精神を心配し、連絡が取れない状態の中でもLINEで安否を心配してました。

しかし、こんな裏切られ方をするのであれば、当然その報いを受けて欲しい。

私に実被害がなかったからまだ良いですけど、これでもし金銭を少しでも渡していたらと思うと、ゾッとします。

私の中で、この人に対する気持ちは徐々に怒りの業火に変わっていき、LINEでよく我慢したなと自分で思います。

ゴミみたいな人間は、全て滅びるべきだ。

うちの状況を知った上で200万円を貸してほしいと、翌日返済するからと言ってきたんですから、普通に頭おかしいと今は思いますし、良く自分はやり取りを続けたなと。

しかし、もう過去の事として受け入れ、しっかりと前を向いていきたいと思います。

失恋なのか、ただの自己陶酔だったのかはわかりませんが、ここまで精神が疲弊したのは久しぶりです。

昨日は全然眠れず、希死念慮に襲われ、動悸が止まらず、どうにもなりませんでした。

相手方に責任を取ってもらいたいですけど、もう関りを持たないと心に決めて、私は来月からの仕事の方に集中したいと思います。

ここまでの暴言をお許しください。

最後になりますが、この件について相手方が何か行動を起こされたら、即警察に話を持っていき、大事にしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

LINEは全て削除しましたが、警察で当然内容は復元が出来るでしょうし、事実確認は出来るはずです。

賢明な判断をされることを願っています。

ということで、今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

おやすみなさい。

-A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日
-, ,