A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日

ブログとYouTubeにおいてどちらが収益化した時に再生数等を獲得できるのか真剣に考えてみました。

どうも、Soranekoです。

今日は一日家の中にいて、動画の撮影や動画制作を行っていました。

面接を受けた会社からの電話は今日はなくて、とりあえずこのまま行けば22日に面接に行くことになるかもしれません。

とりあえず、今回の所は本気で受かっててほしいから、落ちたときのショックが半端ないと思います。

まぁ、考えても仕方がないので、自分にできることを最大限やろうと思いますが、そこをどの部分に当てるのかが問題になってきています。

今考えているのは、ブログの執筆ではなく、YouTubeの動画制作を積極的に行っています。

正直な話、ブログを毎日執筆しても、全然収益にならない。

それだったら、収益化していなくてもYouTubeのチャンネルに動画を投稿して、少しずつチャンネルを成長させることを頑張りたいなと。

ということで、ブログを動画化するという事を今日からスタートさせたわけですが、今後どうなっていくのかすごく楽しみではあります。

今日から動画の投稿を開始して、基本的に毎日投稿の予定。

午後10時にプレミア公開を行って、基本空いてる時間は動画制作を行う感じになると思います。

なので、明日の分の動画は既にプレミア予約をしてあるんです。

1日分の余裕を持たせて制作していこうかなと思って。

明後日の分は明日作るっていう感じにしておいて、十分な編集時間が取れるように。

スプレッドシートについても少し調整して、ブログデータのシートに動画化したかどうかのチェックを入れれるようにしました。

なので、ブログ記事を動画化したかどうかが、スプレッドを見ればすぐにわかるので、次にどの記事を動画化するべきなのか検討しやすいようにしていこうかなと。

本当は動画のデータも取りたいんですが、そこはデータとしてどこまで記録に残すべきなのか、少しまだ考えあぐねている部分でもあるので、メインチャンネルにしてもそうですが、現在データとしてもっているのは再生数だけです。

現在149件の動画がメインチャンネルにはありますが、その再生数は10日程度で最新のものに更新するという事をしています。

作業としては、結構大変なことをやっていると思うし、正直非効率だと思いますが、地道にデータを取っていかないと、今後のためにはならないかなと。

それに、ブログと違って、GoogleアナリティクスがExcelデータとして残してくれるという事がYouTubeではできないと思っているので、手動で全てデータを取る必要があると思っているんですが、これについても効率的に取得する方法があれば是非試してみたいなと思っています。

ブログのデータ管理って、実はものすごく簡単で、アナリティクスのデータとサーチコンソールのデータをまず入手して、そこからデータの分析を行うんです。

そして、SEOの判断であればキーワードプランナーを使ってみるとか、色々な指標があるので、それらを徹底的にデータとして数値化して、トライ&エラーを繰り返すことで成長していくと。

しかし、YouTubeのデータ管理はブログみたいに簡単ではないと思っていて、確かに毎日の再生数を記録して、平均再生時間を動画ごとに集計し、どこで離脱しているのかを知ることが出来るとは思います。

だけど、その後の修正が一切できない。

ブログは投稿した後でも内容を編集することが出来ますが、動画はそういうわけには行きません。

なので、一つの動画から得られる情報を、確実に記録していくことが大事になってくると思いますし、そのデータはとても貴重なものとして扱うべきです。

勿論ブログにおいてもそう。

一つ一つのデータの積み重ねが、結果を生んでいくものだと思っているので、そこについては共通しているかもしれません。

では、単純にブログの記事とYouTubeの動画を同じ文体で、全く同じ時間、全く同じものとして公開した時、一体どうなるのか。

検索エンジンに掲載されるスピードが速いのは、恐らくYouTubeの動画の方だと思っているんですが、これは私の予想でしかないので、間違っていたら申し訳ないです。

ただ、Googleの検索エンジンへのインデックスを考えると、YouTubeの動画は投稿した瞬間からインデックスを獲得して、再生数を叩き出すことが出来る可能性を秘めていると思っています。

それが毎日の更新になればなるほど、Googleからの信頼も得ることが出来て、どんなにクソみたいな動画であっても、今の私のメインチャンネルみたいにちゃんと動画を見てくれる人がいる。

ブログの場合は、最新の記事を読んでもらえるのはTwitterで拡散したり、ブログ村に登録したりしているからであって、その記事単体でPV数を獲得しているわけではないんです。

しかも、それも継続して得られるものではなく、すぐにPVはなくなってしまう。

しかし、YouTubeの動画であれば、何かのタイミングでどこかの動画の関連動画に入り込み、そこから再生されることがあるわけです。

実際に私のメインチャンネルでも、多くが関連動画から見に来てくださっている状態です。

なので、毎日更新してメリットがあるのは圧倒的にYouTubeの方であり、ブログは記事数を増すごとに負債が大きくなっていくものではないかと思うようになりました。

確かに収益化しているブログであれば、PV数が取れれば収益は獲得できると思います。

だけど、それを維持するためには毎日更新しているだけでは絶対にダメで、どんな時も分析を行い、どんどんそれに時間を取られてしまう。

だったら、ブログの執筆と同じことをYouTubeでやってみて、どちらが最終的に収益を得ることが出来るのか試してみようという事です。

勿論、YouTubeというサービス自体がなくなってしまうかもしれないし、ブログサーバーが閉鎖になるかもしれない。

そのリスクはどうしてもありますが、YouTubeがなくなるという事はGoogleが倒産するぐらいの由々しき事態だと私は認識しているので、そうなったら世界的に大変な状況にはなるでしょう。

ただ、そんなことを考えていたら何もできませんし、その議論は不毛だと思います。

大事なのは、自分は今何を使って収益を得たいのか。

ブログを使って広告収入を得たいのか、それともYouTubeを使って広告収入を得たいのか。

正直言ってどちらも広告を出しているのはGoogleであり、Amazonであったりするので、同じと言えば同じなんですけどね。

要するに、再生数とPV数が多く稼げるのはどちらなのか。

私は、圧倒的にYouTubeだと思っているので、ブログの動画化をこれからも進めていきたいと思っています。

サーチコンソールは結構あいまいな情報ですが、YouTubeのアナリティクスは非常に明確にリアルタイムに検索ワード等を知らせてくれます。

なので、やりようによっては収益化の条件さえ満たすことが出来れば、後は楽といったことになるかもしれません。

ブログは収益化できるようになってからが厳しすぎる。

アドセンスに合格しようが、Amazonの審査に通ろうが、収益がゼロなんて当たり前なんですから。

勿論、ブログの執筆も続けていきたいと思いますし、この記事も動画化したいと思っています。

いつになるかはわかりませんが、毎日動画を更新していくとしたら、少なくとも1年以内ぐらいには動画になっていることでしょう。

その時に、チャンネルがどこまで成長しているかにもよると思いますが、動画数も結構な数になっているはずですし、毎日PV数が全体を通して10件とかなんていう事にはなっていないと思います。

現に、私のメインチャンネルでも、今1日平均で30回の動画再生を獲得することが出来ています。

それは勿論毎日動画を投稿しているという事がありますし、Twitterbotで拡散しているというのもあります。

一番再生数を取れている動画は、もうすぐ500回再生に到達するという状況です。

少ないと思われる方は、それでも良いです。

私にとって、この数字は結構驚異的な数字だと思っていて、カメラの前でただ喋っているだけの動画を、これだけの数再生されていて、今も再生数を伸ばし続けているという事。

一過性のものではなく、これからもこの状態は続いていくと思いますし、それを維持していけるように頑張っていきたいと思っています。

少し熱くなってしまいましたが、今の自分は結構YouTubeに対して本気で取り組みたいという気持ちが強いので、どんどんと新しいことをやっていこうと思います。

ということで、今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

おやすみなさい。

-A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日
-, ,