A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日

パラリンピック正式競技のボッチャを体験してきました。参議院選挙が終わって感じた国民の総意について。

どうも、Soranekoです。

今日は午後から障害者福祉施設にて、ボッチャという競技を教えてもらいながら過ごしていました。

パラリンピックの正式な競技として採用されているボッチャですが、自分がやるのは初めてで、どういったルールなのか曖昧でしたが、丁寧に教えてくださり、すごく有意義な時間を過ごすことができたと思います。

ボッチャというのは、白い球を中心に、一番近い色が得点権を得るというもので、カーリングに近いスポーツです。

この写真を見ると、白い球の一番近くにあるのは赤い球ということで、赤が得点権を得るわけです。

そして、白から一番違い青の玉の間にどれだけの赤い球があるかで得点が変わってきます。

この写真の場合は赤い球は一つしかないので、赤に1点といった感じです。

このボッチャというスポーツは、元々ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツですが、健常者がやっても十分楽しめます。

カーリングとは違い、中心の基準となる白い球を動かすことも可能なので、より奥深い戦略を練ることが可能になっています。

パラリンピックの正式種目となっている競技を実際に体験できたことは、自分にとってとても良い経験であり、パラリンピックが行われる際には実際に競技者がどのように戦略を練り、競技を行うのか見てみたいと感じました。

わずか2時間ほどだったと思いますが、その競技の奥深さや面白さは十分に伝わりましたし、障害を持った人だけでなく、もっと多くの人に知られるべき競技だと思います。

この競技、戦略性が本当に面白い。

ボッチャに使われる玉は重さが約275gで中々に重たく、布製ということもあり、その特性を把握するには少し時間がかかると思います。

全ての玉が同じということではなく、それぞれに特性があり、ボールの縫い目や空気の入り具合、コートの状態など、様々な要素を頭に入れてプレイする必要があり、やればやるほど面白さにハマっていくと思います。

正直、パラリンピックでもそうですが、オリンピックでも採用しては?と思うぐらい奥深いので、興味のある方は日本ボッチャ協会の公式HPを見てみても良いですし、YouTubeに動画もあると思いますので、それを見るのも良いと思います。

是非その魅力に触れてみてください。

きっと自分もやってみたいと思うはずです。

さて、参議院選挙も終わり、自民の圧勝ということで終わったわけですが、正直なぜここまで自民党が圧勝したのか理解に苦しみます。

このコロナ禍でどんな政治を行ってきたのかは、今の国民が一番よくわかっていると思いますし、年金のカットや物価の高騰に何一つ手を打たず、苦しんでいる国民のことを無視しての数々の暴言や、国民に対する脅迫的言動を行うような政党を国民は大々的に支持しているんですから。

一日本国民として本当に恥ずかしいですし、この先の日本の未来が本当に心配でなりません。

Twitter界隈では賛否両論入り乱れていますが、その熱量をどうして今の政治に向けられないのか。

これからの日本で育っていく子供たちに、本当に申し訳なく思います。

今いる大人たちの負の遺産を、これからの子供たちは目の当たりにしていくわけですから。

別に自分は自民党が嫌いだとか、公明党がどうのこうのと言うつもりは一切ありません。

今ある政治の結果としての選挙で、国民たちが今の政治を支持しているという事実に、ただただ悲しんでいるだけです。

北朝鮮から日本の排他的経済水域にミサイルが飛んできても、遺憾の意を表することしかできない。

韓国に対しては、竹島の占領を事実上容認し、中国に対しても何の対抗手段も示していない。

コロナ対策においては、何度も流行を許し、その度に多くの方が犠牲になりました。

さらにその波は再び大きくなり始めており、ワクチンがあるから大丈夫だと宣う政府。

経済活動においては、コロナ禍で日本の多くの企業が苦しむ中、自分たちの利益はしっかりと確保し、身を削らずに消えていく存在をただ眺めているだけ。

消費において、ガソリンの値段高騰に加えて物価の高騰に歯止めがかからず、日本政府は今のところ何の対策を取ることをしていません。

こんな政治を行っている現与党を、どうしたら支持できるのか。

本当に、この国の国民には失望しました。

本当に国を思う感情があれば、こんな政治を続ける存在を引きずり下ろすということをしてもいいはず。

どうしてなのか。

本当に理解に苦しみます。

ということで、今日はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

おやすみなさい。

-A型作業所を退職した鬱病ブロガーの毎日
-, ,