A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

A型作業所で作業をしている鬱病の患者がブログ運営を副業で行い収益化して1年間頑張ってみた結果。

どうも、Soranekoです。

今回は、A型作業所で作業をしている鬱病の患者がブログ運営を副業で行い収益化して1年間頑張ってみた結果ということでお話していきたいと思います。

まずは結論から。

結論としては、記事数350件で年間PV数1万9千件のアドセンス収益約6千円。

お話にならないレベルだと自分では思っています。

集客の8割がSNS、Twitterからの流入ということで、あまり意味のないアクセスだったのかもしれません。

年齢をいえば、10代から40代まで幅広く、男女比もほぼ対等といえる数字なので、ここは一定の評価をしていけるのではないかと思っています。

では、なぜこんなことになってしまったのかについてお話していこうと思います。

ブログ運営に悩まれている方は、ぜひ最後まで読んでいってください。

根本的な原因は大きく分けて4つあると思っています。

まず、ブログ記事のタイトルを何も考えずにつけていたということ。

キーワード選定など一切せず、自分の書きたいことをただ書いてきました。

なので、その影響からか、検索からの流入が非常に少なく、Googleにとって有益なブログではないという判断をされていたみたいです。

次に、書いた記事350件のうち160件ほどしかGoogleにインデックスされていなかったということ。

これは結構大きな要素だと思っているんですが、書いても検索エンジンにインデックスされていない状態では、検索エンジンにて表示されるわけもなく、そこで検索からの流入が少なくなってしまった要因の一つになっていたんだと思われます。

次に、収益化の構造を作っていなかったということ。

アドセンスに合格しても、ブログ記事の中に中間広告としてそれが入っていなかったり、利益を得るための策を講じてこなかったということも、収益が少なかった要因の一つになりえると思っています。

最後に、もしかしたらこれが一番大きいことかもしれませんが、スマホからのアクセスを想定したブログづくりをしてこなかったということ。

PCからのデザインを意識しすぎて、スマホからの流入を全く意識せずにブログを更新してきていたので、それがユーザビリティを損ねる要因になったのではないかと。

これらは、これからのブログ運営において改善を図るべきだと思っていますし、1年が経過してからようやく本腰を入れてブログ運営というものの本懐に手を伸ばそうということになるかと思います。

できればもう少し前に、こういった事実を突き詰めて考え、実践していく時間があれば良かったんですが、私自身ブログの更新に躍起になっていたので、それを考える余裕がなかったということも大きな原因として挙げられると思います。

それでは、今後はどのようにして行くべきなのか。

もちろん、これから先はこのようなことがないように手を打っていく必要があり、基本的なことからスタートしていきたいと思っています。

まずは、インデックスされていない記事たちを、全て手動でインデックスリクエストをサーチコンソールにかけ、検索エンジンに記事を掲載させていくこと。

そして、記事のタイトルにSEOの要素を組み込み、しっかりと検索から記事が検索されるように促していくこと。

本当に基本的なことですが、ここからスタートさせていきたいと思います。

そして、これは内部的なことではありますが、YouTubeの動画紹介の記事は当ブログでは廃止する方向で進めていきたいと思います。

メインチャンネルを挿げ替えたということもあり、前チャンネルの動画をすべて消し去ったので、もう意味をなさないのかなと。

まぁ、新しいメインチャンネルの動画を紹介するという方向で記事作りを進めていけば問題はないんですが、何分ブログの更新頻度とYouTubeの更新頻度が釣り合っていないので、そういった点でも問題になってくる恐れがありますので、YouTubeはYouTubeで独立させていきたいと思っています。

ということで、今回はA型作業所で作業をしている鬱病の患者がブログ運営を副業で行い収益化して1年間頑張ってみた結果ということでお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

まとめとしては、1年目の数字としてはありえないくらい数字が低く、正直これなら新しいブログを立ち上げて運営していったほうが良いのではないか、という気もしていますが、せっかくここまで続けてきたのでこれからもブログの運営は続けていきたいと思います。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,