A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

A型作業所に通う鬱病患者がマッチングアプリに登録してみての続報。A型作業所と障害年金の関係ついて。

どうも、Soranekoです。

今回は少し前にマッチングアプリに登録してみた、という記事を書いたと思いますが、その続報です。

正直な話、自分とマッチングする人間など存在しないと思っていたんですが、お一人いらっしゃり、現在その方と連絡を取り合うという感じになっています

自分に自信などなく、とめどない劣等感の塊の自分でも、こうやって連絡を取ってくれる人がいるんだということに、少し感動しています。

このやり取りの行方がどうなったとしても、今後の材料にはなると思うので、一つ一つ丁寧にやっていきたいと思います。

精神疾患を持つ人間が、どこまで世の異性と交流を図ることができるのか、とても興味がありますよね。

そんな人と恋愛など絶対無理だという人もいると思いますし、その考えを否定するつもりはありません。

精神疾患になった理由というのが、人それぞれあって、それを知りもしないで先入観から存在を排除するような考えを持つ人間とは、正直こちら側の人間としてもお付き合いはおろか話をする事さえ無駄だと思っています。

A型作業所に通う人間になど存在価値がないというお話なんでしょう。

言いたいことはわかります。

収入が低いので、恋愛対象からまず除外されてしまう事が当然のような風潮ですが、まぁそれは私も理解しています。

A型作業所の収入ごときで、恋愛などは到底無理です。

そもそもA型作業所及びB型作業所というのは、障害年金を受け取ること前提にお給料が設定されているような気もしますし。

A型は基本的に2級から3級の障害年金受給の方向けで、B型は1級といった感じでしょうか。

障害年金のタイプにもよると思いますが、国民年金であれば3級レベルではA型か一般就労でないと生活は無理です。

実家に住んでいるという事も前提とされているような気がしていますので、こういう部分を国はもっと考えて法整備をするべきだと思います。

私の場合は、今現在月17万円ぐらいの収入があり、A型作業所に通う人間の中では結構収入有る方だと思います。

しかしながら、これも障害年金がなくなってしまったり、等級が下がってしまうと、かなり厳しい数字になるんです。

ということは、基本的に障害年金がないと何も始まらないということです。

普通の金銭感覚を持っている世の中の人だと、恋愛対象外ということになるのも頷けますね。

私は今現在副業としてブログ運営、及び物販の方を行っています。

これを軌道に乗せることができれば、仕事のステータス欄にA型作業所に通っていますなんていう表記は消し去ることができますが、今は仕方がないですね。

今連絡を取っている方は、私がA型作業所に通っているということも、鬱病だということも理解してくれていて、こんなに素敵な方がいらっしゃったとは。。。

神様は見て下さっているのか、はたまたお遊びのつもりでやり取りをしてくれているのかはわかりませんが、とにかく一期一会の出会いを大切にしていきたいと思います。

という感じの続報でした。

まだお会いしてもいないので、会ってみたらやばすぎた、という事がないように慎重に行きたいと思います。

まぁ、社交不安障害も抱えているので、会話の中でどうしてもギクシャクしてしまう恐れがあります。

しっかりやり取りを重ねて、自分の気持ちを積み重ねていきたいと思います。

ということで、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この続報が気になる方は、是非今後もブログの方をチェックしてみてください。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, , ,