A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

私が職場に批判的な利用者だと思われている件について。勘違いも甚だしい。

どうも、Soranekoです。

昨日の仕事について、少し言いたいことがあるので、書かせて頂きます。

私は今現在就労移行支援A型作業所で就労をしています。

1日4時間半の労働になっていて、その中でデスクワークを行っているという感じですね。

自分のやっている作業については、度々変更をしてきたんですが、今の作業もどこまで続けられるか分からない状態です。

というのも、どこまで行っても人のやった作業内容を確認し、それに対してアプローチをかけるというものになるので、そのレベルがあまりに低いと、自分がどれだけ頑張ってアプローチをかけたとしても意味がないんですよね。

これについては、散々スタッフとの面談の中で話してきたことなんですが、全く改善するつもりがない、どこまで行っても甘い考えで仕事をしているとしか思えないんです。

自分が前にた環境が厳しすぎたのかもしれませんが、それでも私は今の職場で割と厳しい方と一緒に仕事をしてきました。

その方のおかげで、今の自分の作業コンテンツは周りの人に比べて何倍もレベルが違うものになっていると思っています。

その方がいなくなって、自分の中でその厳しさをコントロールすることが難しくなり、やや緩い方に傾きつつあります。

しかしながら、自分の中でそこは踏ん張らないと、その方に教えてもらったことが全て無駄になってしまうし、今の自分の厳しさが職場の人間に足りないものであることは間違いないので、自分はどこまでも厳しくあろうと思うわけです。

そんな中で、先日のスタッフとの面談にて話が出たんですが、今の自分の様子を見ていると、職場に批判的に見えると。

スタッフの間でも、自分に対する評価というものが正直下がっているという話をされました。

批判的な言動が目立つ、という事みたいです。

勿論、私はそこでそんなことはないと反論し、何故自分がそこまで厳しく物事に対して言うのか、今の現状を鑑みて、職場の将来に光が見えないからだという話をしました。

正直な話、今のままでは職場の存続すら今後危うくなってくる、と私は思っていて、それは仕事に対する甘さであったり、スタッフの対応、職場の空気感、全てが相乗効果を生んでマイナスな方向に進んでいると感じています。

ここで自分までその流れに乗ってしまって、破滅への道を歩んでいくことはできないし、私はこの職場にこれからも存続していてほしいと心から願っています。

自分がどんな風に思われても、この職場の為になるのであればどんな闇でも背負うつもりで仕事をしています。

今の私は、感情に揺り動かされている振り子のような状態で、重力の中で必死に振り幅を大きくしていこうともがいているわけです。

感情的になり、破壊衝動に駆られ、他者を傷つけないように必死に自分を抑え込み、これがどれほどまでのストレスなのか。

正直な話、職場の批判をしているのではなく、事実に基づいて指摘、改善を要求しているだけなのに、それを批判と捉えているスタッフの考えに理解ができずにいます。

毎日の仕事の中で、自分たちがレベルアップして会社に貢献していく。

それは必然的な事象であり、それが達成されなければこれからの未来はないです。

惰性で仕事をして、ただ一定の成果を得ているだけで満足していたら、そこで成長は止まってしまうし、いつかその状態のまま消えてなくなってしまうでしょう。

そうなったとき、自分たちに残されるものといえば、ただその場所で仕事をしていたという事実だけで、スキルもクソもない、ただのゴミ屑が生産されるだけです。

自分は、この仕事がなくなっても良いように、ここで徹底的にスキルと技術を学び、厳しさを、仕事に対する真面目さを再追求していこうと思って仕事をしています。

当然、副業においてもこれから更に行動を増やしていく予定です。

それは、今の職場で仕事を始めたからこそできたことであり、その大元になっている今の職場には、これからも成長を続けていってほしいし、自分もその中の一人でありたい。

ただのA型作業所の一つだということではなく、この作業所が他の企業にも負けないような存在になる為に。

これからも、自分は頑張って仕事を続けていくつもりですし、要求するレベルもどんどんあげていこうと思っています。

それが、批判と捉えられるのであれば、自分の居場所はもうそこにはないんだなと感じざるを得ませんし、本格的な計画実行の為に行動を起こす段階に入ったんだと覚悟を決めることができます。

自分が職場に対して、もうどうでも良いと思い始めたら、気持ちが離れて行ったとしたら、それはもう引き止めることができない流れなんだということですよね。

まぁ、所詮その程度の関係だったんだというだけですけど。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

だいぶ愚痴っぽくなってしまったんですが、これからも頑張っていきたいと思いますのでどうぞ皆様よろしくお願いします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,