A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

不眠症や鬱病に対する精神医学会の進歩発展を望みたい。時間の牢獄に囚われた哀れな仔羊たち。

どうも、Soranekoです。

作業所での仕事は今日でとりあえず今月分全部やりきることになるのかな。

明日からは来月の仕事の準備期間ということで、色々と変化させるところは変化させて、もっと職場の為になれるようにしていきたいと思います。

体調は相変わらず、頭がボーっとしてるけど、手は動かせてるからマシな方なのかもしれない。

自分が作り出すものにケチをつける人間もいるでしょうけど、そんな声は完全シャットアウトでこれからも自分流で行きたいと思います。

朝の時間に卵スープを飲んでるんだけど、そのおかげでエネルギーは午後まで持つようにはなった。

だけど、夕方から寝るまでにかけての時間が、食べる事で頭がいっぱいになってしまったりする。

これも、おそらく薬の副作用によるものだと思うんだけど、どうしてもっと効果的な副作用のない薬を作ってくれないのか。

そりゃ癌治療やコロナのウイルスに対する治療薬も大事だろうけど、鬱病にもっと効果的に効く薬を開発してほしいなと心から願う。

薬に頼っている時点で、もうだめなのかもしれないけど、壊された精神を少しでも元に戻すためにみんな必死になってるんだから、精神医学界ももっと頑張ってもらいたいよね。

効果はあっても副作用で体おかしくなるなら意味ないしね。

今やっている職場の仕事は、数字で確実に精神がやられるパターンだと思っているので、これをいかに受け流していけるのか。

あと、社内ニートにならないように、如何に立ち回るのか。

今日で今月分の仕事が終わるなら、今月あと1週間あるのにどうすんのよっていう話だし。

ある程度余裕を持って仕事をこなせている証拠でもあるから、そこは評価に値するのかもしれないけど、今のところ結果など出ていないに等しいので、そこが今後の仕事で問われてくるはず。

自分にもっと厳しく、徹底的に追い込んでいかないと、仕事での成果など得られないだろうし、続いていかない。

暴言を吐く人間がいないだけでも、今の職場は相当ホワイトに感じるんだけど、それは自分の精神状態が壊れている証明になるんだと思う。

仕事でのストレスはもちろんあるけど、そんなのは鬱になった時に比べたら本当に些細なものだし、今の職場の人間を責めるようなことはできない。

今の自分が抱えているストレスは、すべて自分で受け止めないと。

だけど、以前までの状態から、少し精神を蝕む悪魔が顔を出し始めている気もするし、そこは自分の中で考えていかないといけないよね。

来年4月までに、果たして自分の目的を果たすことができるのだろうか。

本当に難しいところだけど、出来るところまで頑張っていけば、そこまでの功績は称えられるはずだ。

本業を変えることになるのか、それとも副業継続で収益増を目指すのか、それは時間の牢獄に囚われた自分にできる最大限の選択かもしれない。

まぁ、とにかく頑張るということ。

努力を続けて、どんどん先の世界に進んでいくということ。

それが、今生きている自分にできる事だと思うから。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,