A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

生存確認。ブログ運用を気楽に、楽しみながら続けていくために。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

Twitterbotから解放され、本当の意味で自由にブログ運営を行うことが出来ています。

更新頻度は低くなったけど、それでもブログの動向は毎日チェックしてるし、自分にとってこれぐらい気楽にやっていった方が、ストレスを感じることなく続けることが出来るのかなと。

以前は、アクセス数に執着していて、浅ましいほどのTwitterbotを駆使していたわけですが、今はTwitterも健康的になりつつあります。

さて、久しぶりの更新ですが、最近メンタルクリニックにて睡眠薬を変更してから、日中の眠気が凄まじく、もう耐えられないところまで来てしまっているかもしれないと感じています。

薬が体に合っていないのか、それとも順応までにはもうしばらく時間がかかるのか。

そのあたりはこれから検証という事なんでしょうけど、結構厳しいところに来ていると自分では感じています。

これは少し驚いていることなんですが、睡眠薬を飲んでいるのに不眠とはどういった状況なのか。

今現在服用している薬も、強いものではないという事はドクターから聞いているんですが、それでも睡眠薬ですから、眠くなってもらわないと困るわけです。

夜中々眠れなくて、日中仕事中に眠気が来るなんて、もう正直地獄です。

まぁ、幸い薬の調整で体が動かなくなるといったことはなくなりましたが、それでも体が重たくて、フラフラしている状況に、作業所の方も心配しているみたいです。

無理な時は無理だと言っていいと言われていますが、それが出来たら苦労しないという話ですよね。

最近仕事のモチベーションも低下してきていて、仕事はあるのにその仕事に手が出せなかったり、本当に自分の適性を今一度考える必要があるのではないかと思っています。

そんなこと言いだしたら、本当に職場に居場所がなくなってしまいそうですが、全ての仕事のチェックを行うという仕事なら、バンバンNGを出してしまって利用者さんから厳しすぎるというクレームが入るでしょうし、だからと言って完全に他者の仕事を見ないという事は出来るわけもなく、何かしら他の人が作ったコンテンツを見ることになっています。

そもそも、ストレスの根本の理解を作業所のスタッフ側が出来ているのか、そこは謎です。

自分の中では他社の作り上げたコンテンツをチェックすること自体は何も問題はありませんし、他の作品に触れる機会でもあるので、自分にとって学びになることだと思っています。

ただ、問題はそのレベルなんだと何度も話をしているんですが、そこの部分がとてつもなく自分の中の基準が高く、それはもはや今の作業所の水準を完全に上回っている状態。

今の自分の厳しさを作ってくれた人の存在が、自分の中で大きすぎて、いつも自分の仕事をチェックしてくれて、どんどん自分のスキルを引き出し、導いてくれていた。

その人のチェックをいかに掻い潜るか、という部分が凄く難して、自分にだけここまで厳しいんだろうかと思ったこともあるぐらい厳しくて、だけどすごく建設的で、コンテンツ制作に真面目で、その姿勢が今の自分の厳しさを作り上げているんだと、本当に感じています。

先日の面談にて、現在の作業所のコンテンツについて、少し話をしました。

正直な話、今の会社の利益を楽観的に見ていたら、すぐにそんなものは消し飛んでしまうと。

ただ適当に数だけ作って、運営をしていくという今の状態は、自分は到底納得できないし、そんなつまらない仕事ならしたくないと。

自分にとって、今の職場で仕事が続いているのは、ここでしかできない仕事があるから。

自分のことをしっかりと見てくれる人がいて、より良いコンテンツを作るために徹底して真面目な人がいて、自分はその人のおかげで今こうやって仕事が出来ている。

その人がいなくなった今、自分がその形作られた基盤を壊して、数だけにこだわってやるようになったら、その時はおそらく今の職場では働けないと。

今まで自分を育ててくれたその人の恩に報いるために、自分はどこまでも厳しく、真面目に仕事に向き合っていくべきだと思っています。

そうじゃないと、その人に顔向けできないし、今までの報いがなくなってしまう。

だからこそ、自分はこれからも徹底的に厳しく仕事をしていこうと思います。

まぁ、なんにしてもここ最近の眠気は本当に何とかしないといけないと思っているので、もし我慢の限界が来たらメンタルクリニックに駆け込もうと思います。

ということで、ここまでは最近の私の状況について。

ここからは少しブログ等に関するお話を少しだけ。

ブログから物販部門を切り離し、ブログコンテンツの純粋な運用を再スタートさせたわけですが、ブログの収益という部分で、今現在アドセンスを貼り付けているだけにとどまっているわけですが、そこから何か根本的に改善策があるのかと聞かれると、中々ないのが現状で、Amazonアソシエイトについても、紹介記事を書く必要があるので、それならブログトップに広告を貼り付けるだけに留めておいて、ちゃりんちゃりんすれば儲けものだという認識で行きたいと思っています。

まぁ、そんなことで収益が出るとは思っていないので、ブログ収益については今後期待せずに自由に運用していくことになるかと思います。

勿論、アドセンスの要件を満たす記事を書き続ける必要があるわけなので、そこだけは踏み外さないようにして、より自由に記事執筆に取り組んでいこうかと。

これまでやってこなかったジャンルの記事を書いてみたり、今後アクセスがつかないであろう記事をそもそも削除してブログの密度を高めてみたり。

どれもその時の感情を乗せて書いているので、それを捨て去るという勇気が持てるのかはわかりませんが、切り捨てるという勇気も必要になってくるのかなと。

ただ言えることは、これから先はアクセス数の縛りから解放されて、より自由にブログ運営を行っていけるという事。

文字数についても、徹底的に詰め込んでみたり、色々な趣向を凝らしてみたり。

基本的に家の中で書くことになるので、確実に更新頻度は落ちるとは思いますが、毎日ラッキーなことにアクセスはあるわけです。

Twitterbotを入れていた時よりも、検索からの流入が増えているのかもしれないと思うんですが、これについてはアナリティクスのデータを来月最初に運営データとして出そうと思うので、その時にどのぐらいの状態になっているのかがわかるはずです。

自分のブログは、人の役に立つような情報や、有益性のかけらもない、私の感情を込めた記事たちの集合体で構成されているので、そこを理解したうえでリピーターになってくれる人がいらっしゃれば、有難いですし、もしかしたらそれが自分にとってブログを運営するモチベーションの一つになるのかもしれません。

新規の読者よりも、自分という人間に一度触れてくれた人が、もう一度、もう一度と立ち寄ってくれるような、そんなブログにしていきたいなと。

だから、うちは自分の意見をブログで発信していくし、客観的な意見が知りたい人なんてどうでも良い。

老若男女、全ての人に支持されるようなお役立ち情報なんて、自分には興味がないし、そんな記事を書くつもりもない。

勿論、ブロガーとしてそれは言っちゃいけないことかもしれないけど、これだけは言いたい。

筆者の見解のない記事や、感情のこもってない記事なんて、正直読むだけ時間の無駄だし、だからこそ自分の中の感性を大事にしてほしい。

Twitterbotをやめて、普通にツイートをした方がフォロワーさんが増えていくように、やっぱりそこなんだよね。

機械的なものより、自分のファンをどれだけ作れるかが大事で、その熱意が結果に結びつくとしても、意味のない結果に終わったとしても、収益なんてその先にあるものだと思うから、急ぎ過ぎて失敗するより、自分は自分のやり方で、前に進んでいきたいと思う。

物販については、まだまだ工事中の部分が多く、やること山積みでどれだけ時間があっても足りないんだけど、少しずつ頑張って進めていきたいと思います。

一応、コンテンツ自体は少しずつ増やしていってるので、気になる方はブログリンクからサイトに飛んでもらったら良いかなと思います。

少し話過ぎましたが、これからも頑張っていきたいと思います。

皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日