A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

ワンピースネタバレ動画について、ブログ記事に来たコメントについての回答。

始めに。

どうも、Soranekoです。

今回は、ブログに来た1件のコメントについて、少し考えていきたいと思います。

まず、今回コメントが来た記事は、こちらです。

YouTubeでワンピースのネタバレ動画を投稿している投稿者に対する、自分なりのコメントを喋っている自分の動画を記事にしたものなんですが、その記事に対して、次のようなコメントが来ました。

「理由はどうあれ見たら同罪でしょ。
「目に入ってしまった」なら仕方ないけど。
また貴方はこの動画で収益得てるんですか?」

このコメントに対する、私の意見を今回は述べさせていただこうかなと思っています。

記事で私が語りたかったこと。

さて、まずはおさらいとして、この記事でいったい私が何を語りたかったのかですが、一原作のファンとして、YouTubeでネタバレをしてしまっているということに対して激しい憤りを感じていて、普通に週刊少年ジャンプの発刊を待てば良いよね、ということを言いたかったわけです。

YouTubeのおすすめにネタバレが表示されると、どうしても目が行ってしまいますし、次のお話のタイトルもネタバレするわけなので、正直ありえないと思っています。

海外の方が投稿しているのか、それか日本人の方が投稿しているのかはわかりませんが、著作権違反だという認識が薄すぎる。

さらに、日本人の方のコメントが大量にあり、誰もその動画の是非について語っている人がいなかったという事実に、正直落胆しました。

コメントに対する回答。

では、ブログ記事に来たコメントについて答えていきたいと思うんですが、まず理由はどうであれ見たら同罪、という部分。

これについては、動画を視聴している人に言ってもらいたいですし、私は確かに動画のリンクをクリックして、一瞬でも動画を開いてしまったことについては、言われても仕方がないのかな、とは思います。

同罪と言われるのは、少し悲しいなと思いますが、第三者からすれば全くその通りなんだろうなと思います。

どれだけ一瞬であっても、そういった動画を見ようと思ってしまった自分に対して、罪悪感というものがないといけない。

YouTube側も、こういったことをしている人を検知して、排除するようなシステムを作っていかないと、どんどん無断転載や著作権侵害、その他犯罪行為が蔓延る巨悪なサービスに成り下がってしまうかもしれません。

次に、貴方はこの動画で収益得てるんですか?という部分について。

この部分については、いくつかの解釈があると思うので、一つずつ説明していきますが、最初に断っておきますが、私がYouTubeに投稿している動画は一切やましいことはありませんので、ご理解くださりますようお願いします。

この動画、という部分が、自分が投稿している動画を指しているのか、はたまたネタバレ動画を指しているのか。

自分が投稿している動画を指しているのだとしたら、これについては収益化の対象になると思いますし、現段階では全くその目途は立っていませんが、収益化できたならこの動画もその対象になると思っています。

別に何も間違ったことは言っていませんし、自分の声でやっていることなので、著作権違反だと言われる筋合いもありません。

ネタバレ動画を指しているのだとすれば、もしそれが自分の動画で収益化をしているのであれば大問題ですし、もしかしたらチャンネルBANされる可能性があるので、そういうリスクを負うようなことはしません。

日本でも逮捕者が出ている案件ですし、うちも警察のご厄介になりたくはないです。

コメントを下さった方について。

コメントをくださった方に対しては、自分の記事を読んでくださり、本当にありがとうございました。

誹謗中傷のコメントではなく、こういったコメントをしてくださる方は、大切にしていきたいと思っています。

YouTubeの収益化については、これから先の自分の動画投稿がどうなるかによって変わってくるかとは思います。

チャンネル登録者7人で、再生数も雀の涙ほどなので、まぁまだまだ先のお話かな、という感じです。

ブログ運営をこれからも続けていくとして、YouTubeのチャンネル運営についても本格化させていけば、もしかしたら収益化できるようになるかもしれない。

これからも、こういった賛否が分かれるような内容の記事であったり、動画であったりを公開していこうと思いますので、是非よろしくお願いします。

最後に。

最後に、ただひたすらにYouTubeでそういったネタバレ動画を投稿したり、無断転載などを行っている人に対して。

見る人がいるのも同罪だと断罪されることはあるかもしれないけど、投降している人間がいなくなれば見る機会というのもなくなると思うので、是非そういったことをしているのであれば、すぐに止めて、真っ当な動画を投稿するようにしてもらえるとありがたいです。

ネタバレではなく、考察動画であれば、誰も何も文句は言わないでしょうし。

私もそういった動画をチラッとでも見ないように心がけていきますので、頑張っていきましょう。

ということで、今回はここで終わりにさせていただきたいと思います。

最後までお時間をいただき、ありがとうございました。

では、また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,