A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

自分のブログに足りないものを考える。1PV何円という概念について。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

毎日の記事更新は勿論そうですが、その記事の中身についても今日少し考えていて、例えばアドセンスの収益を考えた時に、自分のブログの1PVが一体何円になっているのか、わかっていなかったなと思い、今回は先月のアドセンス収益から見る自分の今のブログの現状について考察していきたいと思います。

お仕事お休みの時は、こういった考察関係のブログ記事を書いてみても良いかなと思います。

ということで、始めていきましょう。

まず、先月の私のブログPVとアドセンス収益についてですが、ここで一つ報告があります。

8月の最初に出した記事で、アドセンス収益について書いているんですが、あくまで暫定的な金額だと発表しました。

今回その金額が確定しましたので、先月の金額を出したいと思います。

暫定的には先月は3941円の収益があったわけですが、そのうちの3479円分が不正クリックということで没収され、残った456円が実質的な収益ということになります。

まぁ自分の中では不正クリック分が収益に加算されることはまずないと思っていたので、ペナルティがなかっただけでも良かった、という感じですね。

そして、先月のブログPVは2291件です。

そして、この収益をPV数で割ると、おおよそ0.1円という計算になります。

いや、低すぎるでしょ(笑)

流石にこれはちょっと夢も希望もない数字というか、今のこのブログでアドセンス収益を月1万円稼ぐとなると、10万PVが必要になりますね。

流石に頭おかしいというか、果たしてこれは現実的な数字なんでしょうか。

まぁ、アドセンスはこんなものということで、Amazonであったり、他の物販に力を入れていく方向にシフトすることもできます。

クリック単価にもよると思いますが、自分のブログを訪れる人のほとんどが広告をクリックしていないということには、いくつかの理由があると考えられます。

まずは、基本的にPC画面をベースに広告を打っているということ。

ブログの画面に存在するヘッダーとフッター、そしてサイドバーにそれぞれ広告を入れているんですが、それが全く意味をなしていない。

他のブロガーの方は、中間広告的なものをブログ記事の中に仕込んでいて、その分の収益も加算されていくことになるかと思います。

まぁ、以前は私も中間広告的なものを打っていたんですが、成果を得られずやめてしまったことがありました。

スマホからのアクセスを考えた時に、記事の中に広告を仕込めば、もう少し広告のクリック数が上がるかもしれない。

そして、ブログ記事のデザインの問題。

自分の記事は、ほとんど読者のことを考えていない、文体を書きなぐっただけの非常に読みにくい記事たちです。

これは、以前の記事でもお話していると思いますが、自分は記事を読み手のために作っていません。

自分の気持ちを投影して、そこに共感してくれる人がいてくれればそれでいいと。

だけど、それでは正直自分の伝えたいことも、もしかしたら伝わらないのではないか。

ブログ記事を読んだ人に対して、もっと自分のことを理解してほしいと思っているのではないか、と。

ブログが非常に読みにくいものになっているので、もしかしたらブログを読んだ人がすぐにブラウザバックをしてしまって、本来自分が言いたいことをわかってくれないまま終わってしまっている可能性があるわけです。

そこが収益にどう関係してくるのかは不明ですが、まぁおそらくは読者の満足度に大きく関係してきて、行動の幅が広がっていかないということになるんでしょう。

そして、これがおそらく一番の問題点だと思うんですが、自分の記事には目的意識を持たせるような文言が全くと言っていいほど出てこないということです。

例えば、よく言われるのが読者の悩みを解決するための情報。

これが、全く含まれていないので、読者としてみたら、この記事何の意味があるの?という感じだと思います。

そんな記事をいくら書いても、収益にもつながらないし、ましてやブログPVが伸びていくはずもありません。

まぁ、これは今まで自分がそうやって続けてきた結果なので、それが間違っていたということだと思います。

やはり、世間で言われているみたいに、読者が得をするような有益性を持たせなければ、生き残っていくことはできないんだと思います。

そこは正直自分との闘いでもあって、正直読者に対して有益な情報っていうのは、自分が記事を書くときに一番邪魔な感情なんですよね。

読者が得をしても仕方がない。

読者に有益な情報を出していても、それを書いている本人が利を得るようなものではないなら、そこに存在する価値はないと思ってしまいます。

なので、自分の記事には抽象的な表現であったり、感情に訴えるような言葉が多いわけです。

別にブログの記事を商品にするつもりはないし、だけどそうしていかないといけない現実も理解はしてる。

その鬩ぎ合いで、葛藤しながらブログ記事を書いているんですよね。

ブロガーというからには、それらしいことはしないといけないわけですが、自分が周りと一緒の没個性になることを極端に嫌がっているので、そこは非常に難しいところではあります。

まぁ、こう書いている時点で、自分の中で答えは出ていると言えるかもしれないですけど。

勿論、自分の思い描くブログの形は、自分の考えを記事に投影して、そこから多方面に自分の意思が広がっていくこと。

考えに共感してくれる人が、一人でもいてくれれば、自分はブログ記事を更新し続けることができると思っているから。

そこを曲げてしまったら、今までやってきたことが全部無駄になるし、今こうやって葛藤してもがいていることも塵になってしまう。

そうじゃなきゃ、毎月毎月Twitterでネガツイばかりしている自分のアカウントをフォローしてくれる人が現れるはずがないです。

メインのアカウントには今現在3400人だったかな、のフォロワーさんがいて、サブの方には1200人ぐらいの人がフォロワーとして存在してくれてる。

それだけで、自分はすごく強くいられるし、これからも頑張ろうっていう勇気をもらえる。

だから、ブログも同じように、記事の内容を変えていくのはあくまで最終手段。

それより先にやるべきことが、まだまだたくさんあるはずだから。

正直、書き殴っているこの記事をデザイン良くまとめてみたところで、それは熱量を分割された核融合体に過ぎないでしょ。

熱量は徐々に失われ、奇麗にデフォルメされた残骸だけが残るなんて、そんな未来は想像もしたくない。

今書いていることがリアルであって、それ以上でも以下でもない。

この記事をデザインすることがあるとすれば、それは自分が利益という魔物に憑りつかれたと思ってください。

まぁ、そうは言ってもデザインはするんだろうけど。

だって、読みにくいし(笑)

自分でもわかってるつもりだし、そこをデザインして熱量をそのままに据え置ける状態に構築することが、今の自分には必要なことなんだと。

とりあえず、№1の記事から少しずつデザインしていきたいと思います。

より読みやすいデザイン、わかりやすい文体。

自分本位ではなく、きっちり読者目線になるように。

こうご期待ください。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,