YouTube動画紹介記事

Twitterbotの一つのツイートがバズり、ブログPVが跳ね上がった話。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

今回の動画は、Twitterbotの一つのツイートがバズり、ブログPVが跳ね上がった話。という内容です。

えっと、だいぶ前の動画になるので、自分が一体何を喋っていたのか、全く記憶になく、PCに保管されている動画を見てから記事を書いています。

私は今Twitterのアカウントを2つ持っていて、それぞれ普段用とブログ用とに分けているんですが、その中でTwitterbotというものを使っているんですね。

Twitterbotというのは、定期的に自動でツイートをさせるツールを使って、まぁ時報であったり、Twitterの運用をするうえで結構重要なものになるんですが、否定的な意見も多くあります。

自分は、ブログの集客を効率的に行うために使っていて、1時間に1回のペースでツイートをしてもらうように設定しています。

まぁ、その中の一つのツイートがバズって、ブログのアクセス数が跳ね上がった、というのが今回の内容です。

正直な話、botがバズるとか(笑)と思っていたんですが、まぁ別に悪いことではないし、このまま運用しても良いかな、という感じです。

Botを使ってフォロワーさんが離れていくということもなくて、順調にフォロワーさんは増えていっています。

なので、否定的な意見を持っている方は、TLにそういったツイートだけが乱立するのが嫌、ということだと思います。

ビジネス的な文言が詰まった、副業アカウントのbotは沢山ありますが、正直それと同じと思わないでほしいです。

自分の場合は、自分のブログをもっと多くの人に読んでもらいたい、こんな人もいるんだ、ということを知ってもらいたい、という気持ちの方が強くて、正直収益は二の次です。

アドセンスの収益は、そりゃあった方が良いに決まっていますが、それはブログを読んでくださる方が、アドセンスの広告をクリックしてくれるかどうかですから、自分としてはそのブログに来てくれる人を増やすこと。

どんな形であっても良いから、とにかくアクセスを増やしたい。

その中で、1%でも良いからブログに定期的に来てくれる人が出てきて、そこからアドセンスであったり、Amazonであったりの広告をクリックしてくれる。

そこまで行ければ、もう万々歳だと思っています。

そして、定期的にブログに来てくれる人が、もしコメントを残してくれたなら。

Twitterのbotにリプライをくれたなら。

自分にとってそれはかけがえのない出来事だし、実際にbotにリプライは来てます。

24時間で24回のツイートを365日延々と繰り返すわけで、その中で一つぐらいツイートがバズることも、確かに確率は低いかもしれないけど、あり得るわけですね。

Twitterbotを利用している人が一番恐れていることは、恐らくTwitterからのBANです。

正直、Twitter自体がbotの利用を好ましく思っていないので、かなりグレーなことをしているとは自分でも思っています。

Amazonのリンクをただ貼り付けただけのものであったりとか、そういったツイートも見かけるんですが、足を踏み外せばアカウント凍結ですから、かなり厳しいんじゃないかなと。

自分もこれまでに何度かアカウント凍結したことがあるので、その傾向もだいぶわかってきたつもりです。

Botが悪いということではなく、恐らく機械的な運用はしないでほしい、ということなんだと認識しています。

ブログの宣伝等にbotは使っても良いけど、それだけにならないでね、っていうことです。

なので、あからさまな機械的なツイートは正直BANの対象だと思います。

自分はそこは十分気を付けて運用していますが、Twitterの利用規約がいつ厳しくなり、制限がかかるか分からないので、これについてはブログの運営自体が安定し始めたらbotはやめるつもりです。

それまでは、botからのアクセスを維持しながら、検索エンジンの流入を増やしていく、ということをしていきたいですね。

まぁ、これからも頑張っていきたいと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いします。

Twitterのリプライは、結構返信が遅くなることがありますが、全部見て返信させていただいているので、返ってきてないよ、という方がいらっしゃったら、こっそり教えてください。

私の人間なので、抜けが出る可能性が十分にあります。

人との交流を断ちたいと思っても、どうしても人の心の温かさを求めてしまうので、バンバンリプライください。

ツイートはBotであっても、返信は人間である私が行いますので、大丈夫です。

Botの設定で返信もbotが行う的な事も可能なんですが、それって本当につまんないなということで、ツイートだけbotに頼らせていただいています。

動画を再生された方は、評価ボタンを押していただけるとありがたいです。

できることならチャンネル登録していただけると、私が喜びます。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-YouTube動画紹介記事
-,