A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

精神的に人と話がしたくない。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

仕事が終わって帰ってきて、しばらく不安発作にて動けず、やっと行動できるようになったのでブログを更新しています。

今日は仕事に向かう時間が遅くなってしまったので、朝はブログの更新ができず、お昼はお昼で何もする気になれず、この時間まで更新できていませんでした。

誰とも話がしたくなくて、声をかけてくれたスタッフの方に対してそっけない態度を取ってしまい、挙句仕事では自分の作業の割り振りが悪く、作業が滞ってしまう始末。

能力がどうのこうのとかではなく、単純に処理速度が遅かっただけの話なので、自分という存在が消えて無くなってしまうような失望と、失態を晒してしまったと思っています。

頭が回らないというか、何も考えたくない状態が続いていて、自分の判断ミスであったり、そういった部分はしっかりと受け止めて反省しつつ、次どうすれば良いのかを考えていました。。

まぁ、一度失態を晒してしまったので、もうその次があるかどうかもわからないわけですが、自分に対する失望が酷。

帰ってきたら帰ってきたで、Twitterで散々なことを言われてしまうし、もう何が面白いのかさっぱりわからなくなってきました。

まぁ、そのお話は後日しっかりと記事にしたいと思いますので、Twitterにてご意見をおっしゃった方、しばしお待ちください。

今は正直それどころではないんです。

もう、仕事に行きたくないし、人と話をすることもしたくない。

さらに言えば、人が話をしているのを耳にするだけでイライラが瞬時にブワッと湧き上がってしまって、仕事中にPC投げ捨てようかと思ったほどです。

明日とりあえずメンタルクリニックには行く予定で、ドクターへのお手紙も書いたんですが、初めてノートのページを1枚使い切りました。

ドクターから何を言われるかはわかりませんが、とりあえず頓服の薬がもうなくなってしまうので、いただきたいと思っています。

自分の中では、仕事に行きたくないと思いながらも仕事に行って、自分なりに前に進んでいると思っていたんですが、そんなことは全くなかった。

必死に繋ぎ止めているだけで、ちょっと甘い言葉をかけられたら、仕事になんて行かなくなってしまうだろうし、優しくされたら泣いてしまうかもしれない。

精神的な部分というより、自分の中の人間性が邪魔をしてしまっている感じです。

社交不安障害という精神疾患が、自分に与える影響というものについて、甘く考えすぎていました。

ただ、人とコミュニケーションを取ることが不得意で、自分はただのコミュ障だと思っていたけど、実際はそんなことはなく、極度の緊張から不安発作を引き起こし、それから逃げ出したいと強く思うようになり、社会的な交流を絶ってしまう。

おそろしい病気だと、今は認識を改めているところです。

正直、今週の仕事が終わって、4連休という期間を与えられ、週明けから仕事に復帰できる未来が想像できません。

鎖で引き摺ってでも仕事に行かせないと、多分自分の今の感情では、逃亡しかねないです。

安定した生活を送っていきたいと願いはするけど、それには困難なことが多すぎる。

明日メンタルクリニックに行って、そのあと仕事に行くべきか、それとも逃亡するべきか。

職場に行けば、面談の予定が入っているので、そうなれば人と話をすることになる。

その不安感を、どうすれば克服できるのか。

今はただそっと、作業空間を隔離して一人にさせてほしい。

YouTubeで動画を見ていても、音楽を聴いていても、何も感じない。

人の会話が雑音ではなく、自分を攻撃する刃としてつき刺さってくる。

これを打ち明けたところで、何が変わるわけではない。

人は変わらないから、自分が変わるべきだと言われて終わり。

わかってるんだけど、難しいんだよ。

本当に、自分には難しいことばかり。

ということで、今回は少し自分の中の気持ちを吐露するような内容でしたが、おそらくしばらくこの状態が続くと予想されます。

なので、ブログを更新できなくなってしまうかもしれないですが、Twitter等では何かあればツイートするようにしたいと思います。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-,