A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

Yahoo!ストアの申請不備で何度も突き返される。体力低下による労働の是非。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

Yahoo!に何度も申請内容に不備があります、ということで突き返されているわけですが、明日中にはなんとか処理されるかな、といった感じです。

今週中に開店できれば良いかなと思っているので、まぁ、一つ一つ確実にやっていきましょう。

午前中は事務所作業で、自分のスキルアップに繋がるようなお仕事が少しはできたかな、と思います。

しかしながら、急に雨が降ってきて、仕事的にそこで雨が降るんか(笑)というような感じだったんですが、帰る時には止んでくれたら嬉しいなと思います。

午後から一応作業所月一の面談が予定されているわけですが、何を話すべきなのか、まだ何も決まっていません。

午前中自分が事務所作業に入っていたので、午後からになるのかな、とは思っているんですが、なんの声かけもされていないので、少し心配しています。

昨日は、仕事が終わってかなり疲れてしまって、デスクワークの弊害か、それともただ単純に自分の体力が落ちてしまったのか、とこの先のことを考えて不安になってしまいました。

普段の仕事がデスクワークなので、動き回って仕事をするなんていうことが本当に少なくなりました。

そういう部分で体力が落ちているんだとしたら、それは今後の仕事選びにも影響してくると思いますし、もし内勤の仕事がないのであれば、それは大問題になるかなと思います。

自分で仕事を作ってやっていくのなら、別に内勤だろうが外勤だろうが良いんですが、もし会社という組織の中に入って働くなら、体力作りも必要になってくるなと。

自分としては肉体労働は2度とやりたくなくと思っているので、できれば内勤でデスクワークの仕事か、職場内で動き回るような仕事ができれば最高ですけど、そんな神がかった求人が障害者雇用であるわけもないと思うので、肉体労働か。。。と絶望感でいっぱいです。

自分の体力的な問題もあるんですが、肉体労働の仕事って、本当にパワハラとかそういうのが横行しているんです。

自分が勤めていた職場も、総じてパワハラに嫌がらせ、会社的に考え方がおかしいとかそんな感じでした。

自分が鬱だと告白した瞬間にクビになったり、自分にだけ厳しい人がいたり、本当に散々な経験をしてきているので、今後一切肉体労働をすることはないかな、と思っています。

そりゃ、必要に迫られたらなんだってやろうとは思いますが、今の仕事を少なくとも続けられるうちは、かじりついてでもそのポジションをキープできれば良いなと思っているんですが、いつまでもA型作業所で働くことができるとは思っていません。

いつかはクビになるでしょうし、このままの仕事の状態でいけば、後1年もすれば確実にクビにされるかな、と感じています。

別に、職場で問題を起こしているとか、そういうことではないんですが、良い子ではないので、職場からすれば頭が痛い存在であることは確実です。

少しずつ仕事が雑になってきてもいますし、これが一つ間違いでも起これば、自分に対する職場の見方というものは180度変わってくると思います。

安定した仕事を目指して頑張っていますが、中々思うようにいかない部分もあって、そこを職場が許容してくれるかどうかにかかっているのではないかなと。

自分的にはもっと頑張って職場に貢献したい、と思っているんです。

だけど、絶望的にそれが叶わない。

スタッフの方たちとのコミュニケーションも、結構大変な部分があり、そこも問題視される一つになります。

今のぬるま湯に浸かったような仕事で、本当にこの先も大丈夫なのか、それは本当に疑問です。

自分の仕事を見てくれていた人が結構厳しい人だったので、その影響をもろに受けているのが、自分でもわかります。

今の職場の雰囲気が、すごく生ぬるいというか、残念な方向に進んでいると、自分では感じますし、そこはスタッフの方も感じているはず。

今の環境に慣れてしまったら、それはそれで大変なことになりますし、これ以上の発展は見込めないのではないかと。

簡単なことを簡単にやっていくことは、これから先の自分達の仕事では必要不可欠なことで、そこでいちいち躓いていたら、この先は歩いて行けません。

まぁ、そんな中で自分は本当に適当に仕事をしているわけで、よくこれでクビにならないな、と思います。

スピードだって遅いし、作業効率を考えたら、もっともっと改善できる部分があって、そこをなんとかして引き出していけるように、努力していかないといけないんですが、正直な話そこまで頑張ろうと思えません。

お給料問題もあるんですが、数ヶ月前にあった出来事が、未だに自分の中に重たい影を落としているんです。

自分が本格的に副業をスタートさせるきっかけになったといっても良いことなんですが、まぁこれからもその向き合い方は変えるつもりはないので、引き続き自分にできることを最大限やっていきたいと思います。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-,