A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

挨拶を返さないゴミ屑たち。行動しない兄に対する願い事。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

仕事に行くことが、もう憂鬱過ぎてだめだ。

とりあえず仕事には行くけど、職場について挨拶した瞬間に、もう帰りたいと感じる。

とりあえず挨拶を返さない人間は、ゴミ屑だと思っているので、A型作業所だろうがなんだろうが、耳が聞こえないという特殊が状況に陥っている人以外は、普通は挨拶返せるでしょ?

それを返さないということは、職場の同僚だと認識されていないことになるかと思います。

利用者だけならともかく、スタッフに至るまで挨拶を返さないゴミ屑がいることにがっかりするし、そんな人が誰かの教育をするなんて正直考えられないし、すでに社会人として終わってると感じます。

とは言ってみたものの、自分が今の職場で働き続けるうちは、そういった一般常識の通用しない人たちを相手にしないといけないわけで、簡単ではないわけです。

自分の仕事をできるだけ早く軌道に乗せて、この職場からはパッといなくなりたいな、と思います。

そのためには、自分の仕事をする時間が必要なんですが、本業をこなしている状態では、中々前に進まないわけですね。

そこで、ある程度仕事を休む日を作って、自分の方の仕事を前に進めようかなと。

今の職場で働いていても、もう得るものは何一つないと思っているので、ただブログを更新するためだけに職場にいるのなら、もういっそのこと職場を変えて、今の自分のことをもう少し見てくれる人たちがいるところに行ったほうが良いのではないか。

自分中心に動いている人たちばかりの職場にいると、本当に疲れる。

雨のせいなのかは知りませんが、とにかく自分の精神状態が悪いことは確実です。

ただ、それを周りのせいにはしたくないので、自分が我慢して作業している今の状態を、ドクターは心配しています。

まぁ、とりあえず自分の仕事が進んでいけば、ストレスを感じる部分が別の部分に置き換わってくるはずなので、今ほど職場の人間に対してストレスが、ということは無くなってくると思います。

それまでの辛抱なのか、それとも極限まで自分が犠牲にならないといけないのか。

それはわかりませんが、頑張り続けたいと思います。

さて、昨日自立支援医療の更新の通知、2枚目が自宅に送られてきたんですが、何やら障害者手帳の更新の申請に通ったから、医療費負担をゼロにします。という内容でした。

これまでは、1割負担で1回の受診で薬代含めて1100円ほどかかっていたんですが、それがゼロになるみたいで、それなら体調悪くなったらすぐにメンタルクリニックに駆け込んで話を聞いてもらうことができるかな、と思います。

どれだけ使っても、医療費の負担がかからないのなら、相談事や不安、色々なことを話していけるかな。

そして、昨日は七夕ということで、何をお願いすることもなく、淡々と息をしていただけだったんですが、母親から寿司買ってこい、と言われ買いに走っていたんですが、別に母親に買っていくのは良いんですが、どうして兄の分も買わないといけないのか。

絶賛引きこもり状態で、本物のゴミ屑の兄のために、何故自分がお金を出してお寿司を買っていかないといけないんだろう、と思っていました。

まぁ、その辺は何も言いませんが、兄からはありがとう、の一言すらなく、さも当たり前かのように食べていました。

食べてる側からぶん殴ろうかと思いましたが、子供時代と違って、今だったら普通に警察沙汰になり得るのでやめておきました。

昔から、自分に対して暴力を振るっていたゴミ屑の兄ですが、どうやら強かったのは家族に対してだけだったみたいです。

一度家の外に出ると、家の中の暴れっぷりは消え失せ、一言も話さなくなります。

なんかしらの精神疾患なんだとは思いますが、自分からすれば家族に対してただ態度のデカいゴミ屑という認識しかありません。

発達障害か、適応障害、社交不安障害のいずれかに当てはまるのではないかと思いますが、そこはドクターではないのでなんとも言えません。

うちの願いは、このゴミ屑が社会的な生活を送って欲しい、という理不尽極まりない願いです。

うちは、実家を出て一人暮らしをスタートさせるために行動していこうと思いますが、そのためには仕事、仕事です。

そこは、気を抜かず、徹底的に頑張りたいと思います。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,