A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

職場のスタッフからついに、仕事に関わるなと声をかけられる。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

今日は朝から吐き気全開で仕事に出るのが少し遅くなってしまいました。

雨も降り続いていて本当に残念な1日ですが、出勤は車で、とりあえず帰りに色々なところに寄りたいと思います。

最近、作業所内であることを感じることがあり、それが自分にとってとてもマイナスなことだと思うようになりました。

仕事は普通にこなすわけなんですが、どうやら自分がケース記録等で書くことが原因で、もう作業所のスタッフからも呆れられているというか、色々言い過ぎて放置されている状態にあります。

自分は別にスタッフに対して上下関係があるとは思っていませんし、ただ同じ仕事をこなす従業員でしかありません。

なので、言いたいことは言いますし、我儘ばかり言っていうことは自覚はしているものの、それが悪いことだとは思っていません。

仕事内容が気に入らないのであれば、そう言ってくれればいくらでも改善できるし、やり方なんてその場で修正できます。

自分の感覚が、おそらく利用者のそれとは全く異なっているせいで、どう扱うべきか困り果てている感じなんだと思います。

いつまでも適当に仕事をしている人たちに、自分が合わせるなんて馬鹿なことはしませんし、これから自分で仕事を作っていくことになるので、そんな状態に身を置いていたら心底腐り果ててしまう。

なので、自分の仕事にはとことん拘って、人の仕事を注視するようにして、良いところはどんどん吸収したいんですが、今の環境で吸収するようなことは一切ないです。

やってることの完成度が低過ぎて、もう自分の中でストレスになりつつあります。

さらに、そのことをスタッフに相談したところ、その流れに関わるな、と言われました。

それがストレスになってしまっているのなら、その流れに一切関わらないようにして、仕事をしたらどうかと。

いやいや、そんなん無理やし。

自分のところに回ってくる仕事は、基本的に他の利用者さんがコンテンツとして完成させたもので、それを確認しながら自分の仕事を進めていくことになるので、関わらないのは不可能なんです。

仕事として完成されたものなのに、自分のところに回ってくる時には修正のオンパレードで、もうこれはわざとか?と思いたくなるようなものばかりです。

いくらA型作業所での仕事とは言っても、自分のところに来る仕事は、もう完璧すぎて笑っちゃうようなレベルにしてもらいたいわけです。

修正のしようがないし、あんたらすごいなとうちに言わせるような仕事であってほしい。

自分がスタッフだったら、おそらく仕事に対して厳しすぎて利用者のメンタルぶち壊してしまうであろうレベルなので、まぁ利用者でよかったな、とは思います。

何故完成度の低い仕事をそのままにして、自分には関わるなと言ってしまえるのか。

ストレス値がどんどん上がっていくのはそうなんですが、それはストレスを抱えている人のために、周りがもっとレベルを上げて仕事をするべきでは?と思うわけです。

簡単なことなんです。

すごくシンプルで簡単なこと。

うちはただ、真面目に仕事をしてもらって、自分のところに来る仕事に対する完成度を上げてもらいたいだけなんです。

人はミスをするものですし、それをいちいち咎めるようなことはしません。

自分だってミスをしますし、そこはお互い様かなと思っています。

うちがなんとかして欲しいのは、ミスではなく、仕事に対する姿勢。

これぐらいの仕事であれば良いだろう、的な仕事への臨み方です。

もっとレベルの高いものを常に追い求めていく姿勢がないと、A型作業所としての営業利益を一般企業並みにすることはできません。

正直言って、自分たちの仕事の完成度を常に上げる姿勢を持っていかないと、すぐに利益なんて吹き飛んでしまうんだと。

もっともっと危機感を持って仕事をして欲しいし、これは自分にも言えることですが、スキルアップのために挑戦することを恐れないでほしい。

自分も、頑張りたいと思いますし、これから先もっともっと上を目指してやっていきたいと思います。

とりあえず、仕事の愚痴はこのぐらいにして、まだまだ書きたいことは山ほどあります。

今日仕事が終わって家に帰ったら、とりあえずハンドメイド作品の商品写真の一新をしたいと思います。

もう、写真の編集ということをするのをやめて、写真だけでやろうと。

構図をもっと増やして、限界ギリギリまで写真を追加していくようにすれば、少しは良くなるのかなと思います。

お店のロゴだけは入れておいても良いかもしれないですが、とりあえず色々と変化をつけていきたいと思います。

商品名のSEOについても、少しずつ進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-,