A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

ドリップしたホットコーヒーの味が変。味覚がおかしいのか、それともコーヒーが酸化して不味くなったのか。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

朝職場でドリップしたホットコーヒーの味がおかしかったので、絶賛強い吐き気に襲われています。

自分の体の味覚部分は、どうやら味がおかしいものを感知すると、異常反応を示してしまうみたいで、そのせいでかなり大変なことになっています。

おそらくコーヒーが酸化したことによる、味の変化だと思いますが、こんなことになったのは初めてなので、もしかしたら自分の体調的な部分でおかしくなったのかなとも思えます。

Twitterでツイートしたところ、亜鉛が足りないと、味覚に異常をきたすらしいんですが、亜鉛なんて、おそらく常に足りてないと思います(笑)

鬱病になってから、1日の食事量が減り続けているんですが、体重は増えているので、急激な体の変化にまだ肉体が追いついていないのではないか、と感じます。

未だに薬を飲むことに抵抗があり、できることなら薬を飲むことなく静かにお休みしたいんですが、それが全くできない今の状態を、自分としては受け入れることができないんです。

まぁ、そこはなんとか頑張って過ごすしかないんですが、自分としては緩やかに死んでいってるんだな、という感じ。

午前中は事務所作業だったので、なんとか体調悪くても、吐きそうになりながらもこなすことができました。

家族の中で自分だけが車の免許を持っているので、車で迎えにきて欲しい、ということができないわけです。

必ず自力で帰らないといけないので、しんどい時は迷わず作業所でお休みしてから帰宅、という運びになりますね。

先週の土曜日、スマホの機種変をしたときにKALDIにて新しいコーヒーを購入したので、明日からはそれを飲みたいと思います。

古いやつは、味がおかしいやつは廃棄しました。

母親に言ったら飲んでくれそうですが、流石に味がおかしいものを母親に飲ませるわけにはいかないので、廃棄するしかないですね。

そうそう、またYouTubeで気になる洋楽アーティストの方を発見しました。

Skylar Grayという方なんですが、すごく美人。

lemonadeという曲、MVからとても良いなと思いました。

チャンネル登録者は120万人なんですよ、自分からしたら天空の人という感じです。

色々な曲を聴いていく中で、自分の中の教養が増やされていく気がして、新しいモノに触れるチャンスをくれるYouTubeとは、いったいどこまで巨大なものなのか。

Googleという巨大組織が運営する、世界最大の動画共有サイトであり、新しいビジネスモデルの一つとなっている仕事先?

動画を投稿していくことで、自分たちの空間に利益を生み出してくれる種が根本部分に根を張り巡らせる。

画期的なシステムだと思いますし、これが日常化すれば、人々は本当に既存の仕事というものを捨て去る日がくるのではないか、と思います。

ただし、所属する場所がGoogleに成り下がるわけなので、そこを許容できれば、のお話ですけど。

日本のどの企業に属するよりも有益なことだとは思いますが、それが全てになるというのはどうか、と思います。

自分もYouTubeに動画を投稿する一人ですが、収益化とかそんなのは二の次で、やはり世界の人と繋がれる部分であるので、そこを意識して動画制作をするようにすれば、もっと世界は変わって見えるのかな。

例えば、英語の字幕、英語のタイトルを入れてみるとか。

概要欄に英訳を追加することで、もしかしたら日本以外の場所からアクセスがあるかもしれない。

そう考えると、日本語ってそこまで人気ないんだな(笑)と感じます。

色々なものの説明書にも、英語、中国語、韓国語は入っているのに日本語がないとか、普通にありますし。

なので、基本言語を英語にすることで、もっと世界規模で動画投稿というものを捉えることができるのではないか、と。

ちょっと頑張ってやってみようと思います。

ゆっくり音声なら、字幕入れは簡単ですし、翻訳も簡単にできるはず。

ということで、今日から少しずつ作っていきたいと思います。

では、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-,