A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

家事は労働なのか否か。不毛すぎる論争に自分も参加してみた。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

午前中は事務所作業。

お昼から少しだけ自分の作業を進めたいと思います。

Twitterで少し気になる記事があったので、今回は専業主婦の家事は労働になるのか問題、について少し書いていこうと思います。

まず、最初に言っておきたいのは、私は別に家事が労働だとかそんなことはどうでもよくて、そこに対するリプライが少し偏りすぎじゃない?と思ったことを述べておきたいと思います。

さて、専業主婦の家事が労働になるのかどうかですが、正直な話労働とは呼べない、と思います。

その理由としては、労働とは、その対価に賃金を得る行為であり、専業主婦の方が家事を行うことによって、その対価である賃金をもらっていないというのがそもそもの理由です。

それを聞くと、この人は家事の大切さをわかっていないだとか、感謝の気持ちもないのか、とか言われそうですが、私は家事をしてくれる存在はとても大事だと思っていますし、感謝もしています。

それが労働とは呼べないというだけで、感謝の気持ちは大いにあるわけです。

良く世間一般では、家事の時給はいくらが妥当とかいう不毛な議論が交わされていますが、そもそも家事って仕事なんでしょうか。

もちろん、家事代行の職業は存在していて、その方達は労働として会社から給料をもらって仕事をしているわけです。

しかしながら、労働としては認知されない専業主婦の家事。

まぁ、これは雇う側が旦那さんだということであり、そうなったら主従関係が成立してしまい、家族という概念からはかけ離れた存在になるでしょう。

奥さんに家事を任せて、旦那さんは仕事に出かける。

まぁ、これが一般的な世間の認識だと思います。

うちも同じ認識です。

だけど、正直な話、旦那さんが家事ができないというわけではなく、奥さんが自分から家事を行っているこれは、もはやボランティアではないのかと。

家事ができない旦那さんもいるかとは思いますが、もしもの時に備えて家事ぐらいはできる旦那さんであって欲しいし、もし家事ができる旦那さんなら、家庭はもう少し円満にいくのではないでしょうか。

一人暮らしを経験したことのある人なら、誰だって家事全般はできて当然だと思いますし、自分ももちろんできます。

むしろ、主夫になって仕事とはおさらばしたいとさえ思っています(笑)

だけど、仕事をしないと生きていけないので、仕方がなく仕事をしている状態。

世の働いている人たちはそんな感じだと思います。

誰だって、仕事なんてしたくないですから。

家事を仕事だと言ってしまったら、雇う側から仕事の不出来を注意され、もっと効率化を、利益を生み出すように言われ、どんどん疲弊していくはずです。

そんな状態で家事をやりたいなんて、そんな物好きはいないでしょ。

それから、子育てについてはもう論外です。

仕事ではなく、無償の愛情を注ぐべきことであり、労働と定義すること自体が間違ってると思います。

仕事は旦那さんに任せて、家事は奥さんが、子育ては二人で行う。

これが理想だとは思いますが、そう簡単ではありませんよね。

共働きの家庭だって存在しますし、その場合は旦那さんと奥さん協力して家事を行う必要があるので、また注意が必要です。

このケースで家事をしない旦那さんが多すぎるから、こんな不毛な論争が起こっているであろうことは大体わかります。

世の中の女性は、もっと声を大にして言ったほうがいい。

家事なんて賃金ももらえないことを、なんで自分たちだけがやらないといけないのか。

世の男ども、もっと家事をこなして奥さんを大事にしろ。

仕事ではないというのなら、それを毎日休みなくこなしてくれることを有り難いと思え。

そして、たまにはねぎらいの気持ちを込めて手作りの夕食でも作ってあげて、楽しく過ごしなさい。

旦那さんが定年になって家にいるようになったら、それからの毎日を大事に過ごしなさい。

子供さんと一緒に、二人笑って過ごせるように、努力をしなさい。

うちの場合は、もし結婚できたとしても料理は残念だけど奥さんには渡しません。

ストレス解消に料理ってすごく良くて、自分は一人暮らしをしている時、その存在に救われていました。

毎日の献立を考えることも、買い物に出かけることも、好きだった。。。

まぁ、そんなことはどうでも良いですけど、とにかく、夫婦揃って前を向いていけるように、そんな家事が労働とかどうのとか、どうでも良い話はやめましょう。

いつだって手を取り合って、協力していけば、そんな話にはならないと思うので。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-,