YouTube動画紹介記事

Twitterbotを再開し、YouTubeの毎日更新を目指していきたいブロガー。

ブログ記事本文

どうも、Soranekoです。

今回の動画は、Twitterbotを再開し、YouTubeの毎日更新を目指していきたいブロガー。という内容です。

Twitterbotを廃止して、少し経ちました。

廃止している間も、もちろんTwitterでブログの更新はアナウンスしていたんですが、PV数は軒並み下降して、結構酷い壊滅状態といった感じになっていました。

なので、Twitterbotを再開させて、メインのアカウントでも同じようにしていこうということに。

まぁ、そのお陰で自分のツイートに反応を示してくれる人が減った、という問題を抱えてしまったんですが、それでもフォロワーさんはそこまで減らず、私のやり方を見守ってくださっているんだと思って、これからも少しずつ手を加えていこうと思います。

Botに入れているツイートについては、大体140字近くになるように調整しているので、結構詰め込んでいる印象ですが、これについてはネットで見た情報をそのまま信じているに過ぎません。

メインのアカウントで実施してみて感じていることは、やはりフォロワーさんが多いほど、ツイートのインプレッションは当然多いですし、リンクをクリックしてくれる人も多いということ。

これまではブログ記事を更新したときにのみ、記事のリンクを目にしていたけど、これからはランダムに記事リンクが流れてくるので、興味を持ってくれた人がタイミングよくリンクを踏んでくれているみたいです。

正直、そこまではTwitterbotでできることであって、そこから先は自分のブログの完成度が問われてくると思うので、ただリンクを流しているだけでは、この先少し苦戦するかなといった印象。

SEOをしっかり行って、記事も見やすいようにしていくとか、そういった改善は常にしていかないと、せっかくリンクを踏んでくれた人も、今度から来てくれないということにもなりかねません。

毎日のように記事を書いているのに、その完成度は全然上がっていかない。

読者のことを考えて記事を書くことをしていないからだと思いますが、これについては自分の考えがあるので、曲げたくない部分ということで、そこを生かしつつ見栄えよく、しっかりと見せることが要求されているのかもしれません。

ただ記事を更新する状態から、考えて、もう少し踏み込んだ内容の記事を目指す状態にシフトしてきている、という感じですね。

そして、YouTubeの毎日更新を目指すとか言ってますが、それはもう行っていません。

というか、毎日更新なんて事実上不可能と言っても良いです。

自分の場合は、YouTubeの動画紹介記事を書いているので、YouTubeに動画を毎日投稿すると、その分の記事をその日にあげていかないと、どんどん溜まっていくことになります。

自分の好きなタイミングで、このカテゴリーの記事は書いているので、それが毎日の更新になると結構厳しいわけです。

まぁ、ブロガーとか言っているなら、それぐらいやれよ、と思うかもしれないですが、実際にやってみたらわかると思うんですが、相当厳しい。

そもそも、今の自分にはYouTubeの動画を毎日投稿するだけのネタもなければ、コンテンツもない。

安易に毎日更新するとか言ってしまったことには、大分後悔をしているわけですが、やってみないとわからないことだってあります。

そういう点においては、挑戦してみた結果、無理だった、ということなので、自分を許すことが大事かなと。

仕事では無茶苦茶厳しく自分のことを律しているんですが、こういうところは本当に適当というか、ガス抜きをしてるなぁと感じます。

それが仕事でできたら、もっと楽に仕事ができるのになと。

まぁ、仕事に手を抜くことができない性格なので、そこはこれからも変わらずあり続けると思いますし、自分にできることを探して、頑張ってみようかなと思います。

YouTubeの動画紹介記事と言っても、自分の言いたいことをただ書いているだけなんですが、こういうのも一つ形としてありなのか、それともなしなのか。

それは、自分で判断するというよりも、この記事を読んでくれた人が決めること。

アリだと思ったら、それは自分にとってすごく有難いことだし、大事にしていくべき気持ちなんだろうな。

ナシだと思ったら、それはそっと流して、次の出会いに期待したい。

自分の価値観なんて、本当にちっぽけな世界の水たまりなんだから、もっともっと大きな視野で、答えを見ていけば良いよ。

動画を再生された方は、評価ボタンを押していただけるとありがたいです。

できることならチャンネル登録していただけると、私が喜びます。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-YouTube動画紹介記事
-, ,