A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

創作活動を行うことで、自分の心の中にあるストレスを消し去る。利益に繋がる活動がしたい。

ブログ記事本文

どうも、こんにちは。

今日は朝から創作活動を行っていて、とりあえず3商品をブログ内に追加しました。

朝から雨が降っていて、かなり頭が痛いんですが、自分の中で創作活動を行っていると、結構ストレス発散になったり、色々とメリットは出てくるかなと思います。

雨が降ったら仕事には車で来るということが確定するので、正直体力的には自転車より楽なんですが、だけど駐車場代を考えると、まぁ結構な出費になるので、頑張らないといけないですよね。

昨日の職場内での出来事なんですが、やはり外注はこれからもどんどん行っていくみたいで、自分としては、自分たちが頑張って稼いだ利益を外注に垂れ流すというのが、もう許せないというか、もう何とかしてほしいと思っています。

まぁ、外注に出している作業の進捗が遅すぎて、職場としても何とかしたいというところ亜あるんでしょうけど、それはそれで利用者に喧嘩売ってる気がします。

まぁ、実際作業ペースがものすごく遅くて、自分でも何か手を打ちたくなるな。。という感じです。

自分はその作業には一切間暇していないので、別にどうでも良いというか、自分の作業が山のようにあるので、いちいち気にしてられない。

そんな自分が見ても、ペースが遅いと感じるんだから、相当でしょう。

だからといって外注をガンガン使って、利益を吐き出す必要はないと思いますし、その利益分を利用者に還元するなら良いけど、そういったことも一切ないし。

まぁ、利用者なんていなくても、スタッフだけで仕事は成り立つわけで、そこは何とも言えないんですが、それでも作業の一角を担っている自分としては、働かせてもらっているという認識から、自分がいないと成り立たないという認識にシフトしています。

A型作業所は、基本的に社会福祉事業の一つではあるんですが、もうそれこそが貧困ビジネスみたいになっていて、正直この仕組みのあり方を国はもっと考えた方がいいと思っています。

だって、地域の最低賃金で働かせて、そこで出た利益を利用者には一切還元せず、自分たちだけ私服を肥すなんて、まぁ理不尽ともいえる状態ですよね。

だからそこ、自分は副業としてブログ運営を行っているわけですが、それもまだまだ芽を出すところまで行っていないので、これからもっと頑張って行かないといけないなと思っています。

能力差によって賃金を変えてくれれば、もっと頑張って仕事をしようという気になるんだと思いますが、そこは国が決めたことですから、反論する余地もなく、ただ従うだけ。

まぁ、事業所によってはボーナスが支給されたり、色々あるわけなんですが、自分のところではそういったことは一切なく、ただ最低賃金で働かされているだけです。

なので、こういう螺旋を壊すために、自分個人で稼ぎ出す方法を身につけていかないと、本当に現実は残酷だなと。

A型作業所は今後も辞めるつもりはないですが、副業が伸びてきたら、そっちの方に比重をどんどん傾けていくつもりにはしています。

だって、いつまで経っても賃金が変わらない職場で働くより、自分の頑張りがそのまま収益として反映される仕事の方が、やってて楽しいですし、上を目指そうと努力すると思います。

まぁ、もちろん今の職場でも、仕事の効率化や作業の完成度という点ではひたすらに努力を重ねているんですが、全く評価されていません。

自分のやっていることが評価されないのであれば、それはやっても意味がないことですし、それが自分のストレスになるのであれば尚更です。

特別扱いをされている利用者の件もそうですし、仕事を真面目にやらない利用者もそう。

まぁ、今の職場の環境が、彼らをそうさせているのかもしれないですけど。

自分は自分で、これからも頑張っていきたいと思うので、皆様どうぞこれからもよろしくお願いします。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,