A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日

自分の立ち位置と仕事の完成度。成果至上主義の世界で生きていく。

ブログ記事本文

どうも、こんにちは。

土日のお休みが終わり、今日からまた気持ち新たに仕事に邁進していくわけですが、とりあえず精神的な部分での落ち込みは、結構軽減されている気がする。

ただ、自分の問題を全く解決してくれない職場側に対して、かなり不信感というか、もう何とかしてほしいという感じです。

問題発生してから2週間以上が経過して、その間も色々なことがあったので、まぁ職場を辞めたくなったのもそうですし、どうして自分の問題がこんなにも軽く扱われているのか、理解ができない状態です。

ここ最近は考えないようにしてきたんですが、そういうわけにもいかず、また考え始めているんですが、考えれば考えるほど深みにはまっていき、抜け出せなくなっていきます。

まず、どうして自分の仕事を途中で投げ出したにも関わらず、評価されているのか。

個人的な評価については、正直どうでも良いと思っていて、誰が評価されていたとしても、自分には関係ないと。

だけど、今回の問題の当事者については、自分なら絶対に評価しないということが多すぎて、何故そうなっているのか理解ができない。

仕事の評価とは、いかに仕事を効率的に終わらせて、成果を残し、仕事を真面目にこなし、会社に貢献するか、だと思っているので、その過程をすっ飛ばして成果だけを表面上作り出した人間が評価されるのなら、真面目に仕事をしてる他の人は、成果に繋がらなかったら会社に貢献していないということで評価されないのか。

まぁ、数字が全ての世界、と言ってしまえばそうなのかもしれないですが、果たして当人だけの力で成果を上げることができたのか、そこはすごく疑問です。

色々な人の力があって、職場の成果としてあげているはずなのに、その個人だけが評価されて、他の人には何の労いの言葉もない。

それをただのスタッフが口にしたのではなく、責任者が口にしたことに、私はものすごく怒っているわけです。

毎日皆勤で仕事に来ているわけでもなく、有給の範囲で休みをとっているとは言っても仕事を休んでいるわけですから、職場に迷惑はかかっているわけで。

まぁ、休む理由はそれぞれあると思うので、そこは何とも言えませんし、私も体調が悪かったりした時は休むことはあります。

ただ、自分から有給を使って休むということは、ほぼしないので、そこは日本人特有の考え方なのかな、と思います。

仕事を休む事が悪、みたいな。

仕事なんて、適度に休んで、自分の時間も謳歌しないと生きている意味って何?という話になって来ますので、その点合理的に休まれているのではないかなと思います。

自分の仕事を途中で投げ出し、新しい仕事に移り、そこで成果を得られたから評価されるって、絶対に違うと思う。

自分でやり始めたことなのに、仕事に責任を持たず、仕事に対して不誠実すぎると思うんですが、それはどうなんでしょうか。

まぁ、職場の指示だというのなら、問題はないんでしょうけど、一緒に働いている自分たちからすれば、成果の得られない仕事から逃げた人、という印象を受けますし、事実そうだと思っています。

全てのことが成果につながるわけではない。

それはもちろんその通りで、雑務もある。

だけど、誰かがそれをやらないといけない。

目立つ仕事だけやりたがって、地味な仕事は嫌だとか、それはちょっと無責任すぎる気がするんだけど。

自分の仕事は、派手さは一切なく、本当に地味な作業の積み重ね。

一つ一つのことを丁寧にやっていかないと、成果にも、その過程にも繋がってこないと思っています。

その中で、色々なことを引き出しながら、仕事を進めていますが、正直言いたくないことも言わないといけません。

仕事の完成度を徹底的に求めていくことに関しては、多分自分が職場で一番考えながら仕事しているのではないかと思っています。

性格的な問題もあると思います。

完璧主義者で、ある程度で良いということをしない人なので、職場でも度々問題になることがあります。

だけど、何でもいいやという人より、こういう人がいないと、職場の雰囲気がだれてしまって、それはそれで問題かなと思います。

自分の立ち位置としては、そういった嫌われ役という感じになっているかもしれないですが、仕事ですから。

より良いものを求めていかないと、仕事の成果は出てこないと。

それに、自分はこの職場の人たちの能力を信じています。

もっと上を目指せるはずだと。

みんなが、自分のスキルを最大限に使えば、もっと忙しく、もっと成果を生み出せるはずだと。

自分も、みんなに負けないように、頑張って仕事をしていきたいと思います。

ということで、今回はここで終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新でお会いしましょう。

-A型作業所で働く鬱病ブロガーの毎日
-, ,